日経グッデイ

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

最先端の科学の現場を科学する

第2回 医療現場の大変化。『ナースのお仕事』も大変化

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。前向きに生きれば、日々是好転! 今回は、石原さんがテレビやドラマの撮影現場で気付いた、最新科学についてご紹介します。

科学の今を探求する“アカデミ・ヨシズミ”

 僕の一週間は、月曜日朝8時の『モーニングバード!』(テレビ朝日・ABC系列)で始まる。

 朝の情報番組は、政治、経済、外交と様々な話題を取り上げる。MC の羽鳥慎一さんの隣に陣取る僕は、眉間に皺(しわ)を寄せ、沈痛な面持ちで論評を加える。

記念すべき“アカデミ・ヨシズミ”の第1回放映で、放射能について解説を行う筆者。2011年から続く、月曜朝の名物コーナーにファンも多い。
[画像のクリックで拡大表示]

 とはいえ、「○○さん、離婚の原因は夫にありますね」とか、「アザラシの××君、早く見つかるといいですね」とか、スタジオで胡座(あぐら)をかいているだけでは、いささか物足りない。ならば、スタジオを飛び出して自分の足で取材しよう。一週間の始まりを、より充実したものにしようと番組にお願いして作ってもらったのが“アカデミ・ヨシズミ”のコーナーだ。

 二十一世紀は、科学の時代。最先端の科学の現場を訪ね、科学は今、社会のどのような問題に取り組んでいるのか。それに対してどのような研究がなされているのか。そして、その研究にはどのような課題があるのか。科学の今を探求するコーナーだ。

 普通はなかなか入ることのできない企業や大学の研究室も、テレビの取材となれば足を踏み入れることができる。僕の好奇心を満たす絶好の企画なのだ。

科学する気持ちは、暮らしを冷静に見つめ直すこと

 2011年4月の第1回の放送で取り上げたのは“放射線”。その年の3月11日に東日本大震災が発生し、福島第一原発の事故が起こった。放射能、放射性物質、放射線。今まで多くの人にとって遠い存在だった言葉がものすごく身近なものとなった。皆が恐れ、嫌悪の念を抱く。

 でも、僕を含め大多数の人は二十世紀最大の発明である原子力に関して、何ら正しい知識を有していない。知らないから恐い。恐いから知ろうとしない。それでは科学の時代に生きる僕達は、あまりにも無責任ではないだろうか。正しい知識を得てから、現実に起こっている物事に判断を下そう。科学する気持ちを持つことは、自分達の暮らしを冷静に見つめ直すこと。そんな思いから“アカデミ・ヨシズミ”の初回が始まった。

最先端の医療、健康の情報をリアルに伝える

 数ミクロンのフィルムは、水や養分を吸収しても病原菌やウイルスは通さない。新しいフィルムが農薬のいらない新しい農業を創る。水よりもずっと小さな比重の泡は、熱を逃がさず、不純物を吸着する。泡の力が水質を守る。神社の鳥居を見て考案されたという、楔(くさび)機能を取り入れたナット。絶対に緩まないナットが暮らしの安全を支える。

 フィルムも泡もナットも、研究所を訪ねれば、目から鱗(うろこ)のことばかり。大喜びの僕は、キラキラ目を輝かせ研究者の話に聞きいった。

 だが、ちょっと待て。『モーニングバード!』は朝の情報番組。僕の“アカデミ・ヨシズミ”が始まるのが番組の後半戦、9時を過ぎた頃。亭主や子どもを家から送り出した主婦の皆さんが、ようやく一息ついてテレビを眺める時間だ。そんな時、フィルムや泡やナットの話を長々されても、誰が番組を見続けてくれるだろうか。小倉智昭さんや加藤浩次さんの番組にチャンネルを回されてしまうに違いない。番組創りでは放送内容と同様に視聴率も大切だ。

 というわけで、最新科学かつ朝のお茶の間の皆さんに興味を持ってもらえる分野にコーナーは特化してゆく。皆さんの興味があることといえば健康。我が“アカデミ・ヨシズミ”は、さながら医療番組化してきた。

 毎週、取材で訪ねる医療現場も、もちろん最先端科学の現場。僕らが眺める白衣のお医者様の向こう側では、様々なことがもすごいスピードで進歩し続けている。

スカート姿のナース服はもはや皆無?

 先日、12年ぶりに『ナースのお仕事』のスペシャルドラマの収録があった。僕は相も変わらず天然パーマ全開で、大きなストライプシャツがトレードマークの浜野先生。「ったく」と舌打ちしながら、観月ありささん(観月さんの日経Gooday連載はこちら)演じる主人公の朝倉いずみを怒鳴っていた。

フジテレビ系列のドラマ『ナースのお仕事』の撮影現場でのひとコマ。近い将来、白衣も消え、医師もいない手術が現実のものになるかもしれない。
[画像のクリックで拡大表示]

 ドラマのセットの手術室も、もちろん12年の進歩を要求される。大道具さんも小道具さんも苦労されたに違いない。しかし、プロデューサー氏曰く、一番苦労したのはナースの制服なのだそうだ。番組の一つの魅力が、主演の観月さんや松下由樹さんのナース服姿。ところが、12年の時を経て、現実の病院ではスカート姿のナースなど、もはや、見かけない。

 それでも『ナースのお仕事』ファンの期待に応えて、観月さんと松下さんだけはスカートのナース服にしたのだそうだ。

「自然VS.人間」の中で科学する気持ちを忘れずに

 僕らが最先端医療と聞いて、まず思い浮かべるのは再生医療だろうか。山中伸弥教授がiPS細胞でノーベル賞を受賞する以前から、“アカデミ・ヨシズミ”では再生医療に注目していた。人工培養された心臓の筋膜は、まるで帆立貝の貝柱のようだった。その貝柱がシャーレの上でプルプル震え続けるのにぶったまげた。

 先般の放送では、“心房細動”を取り上げた。

 心房細動は、運動や緊張とかとは関係なく、ドキドキと異常に早く心臓が動く症状。心臓の動きが不規則になると、心臓内に血液が長くとどまり、やがて血の塊ができる。その血栓が脳に行きつき血管を詰まらせ“脳梗塞”を引き起こす恐ろしい病気だ。

 最近の研究で左側の心房の肺静脈の付け根からの異常な電気が、心房細動を起こしていることが分かってきた。ならば、その部分の筋肉を切除すればいい。手術は磁気立体マッピング装置とレントゲン装置を兼ねそなえ、患者の体の内をのぞきながら手術できるハイブリッド手術室で行われる。手術法も、開胸することなくカテーテル手術。

 「メス」…、

 「鉗子(かんし)」…、

 僕がナースのお仕事でやっていた手術用具を一つひとつ助手から手渡される手術光景は、過去のものになりつつあるようだ。

 実はこの“心房細動”のVTRは、御嶽山の噴火、台風、2人の大臣の辞任で放送が3回延期になった。小渕さんの件はともかく、最近のニュースでは、エボラ出血熱をはじめ、「自然VS.人間」という構図が多くなっているような気がしてならない。決して人間は、自然に勝てようはずもない。それでも人間が上手く自然と共存していくためには、人間は科学の力を磨いていかねばならないのではないか。

 二十一世紀に生きる僕らは、科学する気持ちを忘れずにいよう。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。