日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 最先端の科学の現場を科学する  > 3ページ

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

最先端の科学の現場を科学する

第2回 医療現場の大変化。『ナースのお仕事』も大変化

 石原良純

「自然VS.人間」の中で科学する気持ちを忘れずに

 僕らが最先端医療と聞いて、まず思い浮かべるのは再生医療だろうか。山中伸弥教授がiPS細胞でノーベル賞を受賞する以前から、“アカデミ・ヨシズミ”では再生医療に注目していた。人工培養された心臓の筋膜は、まるで帆立貝の貝柱のようだった。その貝柱がシャーレの上でプルプル震え続けるのにぶったまげた。

 先般の放送では、“心房細動”を取り上げた。

 心房細動は、運動や緊張とかとは関係なく、ドキドキと異常に早く心臓が動く症状。心臓の動きが不規則になると、心臓内に血液が長くとどまり、やがて血の塊ができる。その血栓が脳に行きつき血管を詰まらせ“脳梗塞”を引き起こす恐ろしい病気だ。

 最近の研究で左側の心房の肺静脈の付け根からの異常な電気が、心房細動を起こしていることが分かってきた。ならば、その部分の筋肉を切除すればいい。手術は磁気立体マッピング装置とレントゲン装置を兼ねそなえ、患者の体の内をのぞきながら手術できるハイブリッド手術室で行われる。手術法も、開胸することなくカテーテル手術。

 「メス」…、

 「鉗子(かんし)」…、

 僕がナースのお仕事でやっていた手術用具を一つひとつ助手から手渡される手術光景は、過去のものになりつつあるようだ。

 実はこの“心房細動”のVTRは、御嶽山の噴火、台風、2人の大臣の辞任で放送が3回延期になった。小渕さんの件はともかく、最近のニュースでは、エボラ出血熱をはじめ、「自然VS.人間」という構図が多くなっているような気がしてならない。決して人間は、自然に勝てようはずもない。それでも人間が上手く自然と共存していくためには、人間は科学の力を磨いていかねばならないのではないか。

 二十一世紀に生きる僕らは、科学する気持ちを忘れずにいよう。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

3/3 page

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.