日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 当たり前のことを忘れてしまった気象予報士  > 2ページ目
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

当たり前のことを忘れてしまった気象予報士

第49回 台風21号が関西で猛威を振るう中、新大阪から東京を目指す

 石原良純

米原駅で6時間も映画鑑賞に勤しむことに

 列車が完全に止まってしまったのは、米原駅目前の東海道線を跨ぐ高架線の上。その頃には、窓には大粒の雨が叩きつけ、風の波の強いブローに列車はブルブルと揺さぶられる。「こりゃダメか」と思った時、列車はノロノロと高架線を下り、やっとのことで米原駅のホームに滑り込んだ。

 しかし、状況はかなりマズい。米原駅の構内には、上下線のアイランドホームに2本ずつ。中央の上下の通過線と合わせて計6本の列車が停まっている。僕らより先行していた列車も、せっかく東京からここまでやって来た列車も、全て止まってしまったということだ。

 こんな時は、イライラしてもはじまらない。車掌さんに詰め寄るなんてもってのほか。なにしろ相手は、半径数百キロの雲の渦。台風相手にいきり立ってみても勝てるはずもない。僕は用意していたDVDプレイヤーを取り出して、映画鑑賞に勤しむことにした。

新幹線は米原駅でストップ。新幹線に6時間も缶詰になると、さすがの石原さんにも疲れの表情が…。
新幹線は米原駅でストップ。新幹線に6時間も缶詰になると、さすがの石原さんにも疲れの表情が…。

 ジェーン・フォンダ主演の『帰郷』は1978年度アカデミー賞主要3部門受賞の感動ヒューマン巨編。ベトナム戦争を背景にひとりの女性が人間として成長していく姿を描いた物語。

 『アドルフの画集』は、若き日の画家を目指していたヒトラーが現代にタイムスリップして来た物語。彼が孤独や怒りを芸術を通して表現できていたら、歴史は変わったのだろうか。

 高校講座『地理』は、NHKのEテレでこの4月から僕がナビゲーターを務める教育番組。1年間に20分の授業を40回放送する。趣味は、地理だ、地理だと言い続けると、こんな楽しい仕事も巡ってくるものだ。

台風の日に、焦って移動してはいけない

 アメリカに行って、ドイツに行って。移民問題と人口問題を考えたら、もう観るDVDがなくなった。6時間米原駅に停車している間に、大雨の峠は越えたようだが、暴風が駅前の立木を狂ったように揺さぶり続けている。そして車内アナウンスは、どこかで架線が切れたことを伝えている。こりゃ、もうダメだ。

手持ちのDVDをすべて見てしまった石原さんがふと窓の外に目をやると、米原駅前にあるビジネスホテルが目に入ってきた。
手持ちのDVDをすべて見てしまった石原さんがふと窓の外に目をやると、米原駅前にあるビジネスホテルが目に入ってきた。

 そんな時、フト目に入ったのが、米原駅前のロータリーの端に見えたビジネスホテル。僕は早速、iPadで空室状態をチェックする。やったね、どうにか部屋をキープ。『ぴったんこカン・カン』の収録はスッ飛んでしまったが、たまたま駅のホームで停車していたおかげで、平たいベッドでの眠りは確保できた。

 ちなみに、僕の列車は12時間遅れで日付を跨いで夜中の2時半に東京へ到着したのだとか。

 台風の日に、焦って移動してはいけない。こんな当たり前のことを忘れてしまった気象予報士は、とてもとても恥ずかしい。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニングNEW

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.