日経Gooday TOP  > コラム  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純、夏バテで弱る。「これって、年のせい?」  > 2ページ目

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純、夏バテで弱る。「これって、年のせい?」

第12回 月に100km走り、体幹トレもベジファーストもやってるのに…。

 石原良純

 八時就寝。目を閉じても、なかなか寝付けない。そりゃ、そうだ。酒を飲んでいないのだから。しかし、この酒を飲まないというのが僕にとっては重要なポイントなのだ。1日の疲れを癒すディナータイムに大好きなお酒をあきらめるのだ。きっと神様だってそんな僕の健康回復を手助けしてくれるに違いない。

薄っすらと汗が出る。ここが我慢のしどころ。

 ムシムシと暑い寝室。タオルケットを掛けると薄っすらと汗が出る。ここが我慢のしどころ。熱があってもなくても、汗を掻くことで体の熱を放出する。新陳代謝を活性化させることが、風邪菌撲滅の近道と僕は信じている。汗を掻き、パジャマを替える。汗を掻き、パジャマを替える。地道にこれをくり返せば、朝にはきっと元気な体が蘇るはずだ。

 翌朝は七時に目が覚めた。日曜日だから子供を起こす必要もない。まだ、ゆっくり眠っていられる時間だが、どうにも目が冴える。そりゃそうだ、睡眠時間はザッと十一時間。ウチの親父ではあるまいし、大人はそうそう長く寝ていられるものではない。

 僕は、ガバッと布団から起き上がる。仕事に出かけるまで二時間半。走って、風呂に入って、朝食食べて、ちょうどいい時間ではないか。ちゃっちゃと顔を洗った僕は、一目散に家から駆け出した。

僕の身体は絶好調だとばかり思っていた

 今年の夏は、爆発的に暑くなった夏の初めにも、体調不順に見舞われた。

 三月の『横浜マラソン』で四時間切りして、その後もあきることなく僕は走り続けていた。よく走り、よく食べ、よく飲む。サッと眠りに落ちて、パチッと目が開く。暑さなんか関係ない。僕の身体は絶好調だとばかり思っていた。

「一日三回、僕が欠かさないのが体幹トレーニングの基本中の基本。両肩幅に立って、前へならえ。片足の膝を折り曲げてヘソの高さで10秒キープ」(石原)
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、ある朝のこと。いつものように目覚まし時計が鳴る前にパチッと起きた僕は、枕元の目覚ましに手を伸ばし、スイッチをオフにする。ここまではいつもと変わらぬ朝の景色だが、その後が良くない。体を起こしてみたものの、どうにも体が重い。頭が痛いわけでも、お腹が痛いわけでも、吐き気がするわけでもないけれど、どうにも調子が悪い。

 そこで僕は気がついた。これって、もしかして熱中症。なんで僕が、夏風邪に熱中症。こんなに体に気をつけているのに。

 マラソン大会前なら月に200キロ。オフシーズンの真夏でも、時間を選んで月100キロ以上は走っている。四月からサーキット・トレーニングを取り入れて筋トレだってやっている。早寝早起き、夜半過ぎまで起きていることは少ない。お酒だって十年来、週に一回の禁酒日は守っているし、ハードリカーに手が伸びることもない。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.