日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 一生懸命に遊べば、思いもよらない景色に出会える…石原良純流「旅の流儀」  > 3ページ目
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

一生懸命に遊べば、思いもよらない景色に出会える…石原良純流「旅の流儀」

第23回…“名ツアーコンダクター”石原さんが組んだ「函館・渡島半島の旅」

 石原良純

 温泉旅館を堪能した2日目はゆっくり出発。函館の駅前朝市は朝でなくてもやっているのだから。ここで名ツアーコンダクターが電車好きの長男・良将へプレゼント。次の目的地、松前へ向かう途中まで、北海道のローカル線の旅を楽しんでもらおうという趣向だ。函館駅からディーゼル列車の旅をする良将を、僕は車で先周りして収容しようという算段だ。

 自分は全く興味のない列車の旅に、妹・舞子が手を挙げた。頼りないお兄ちゃんを放っておけない二人は、寅さんとサクラといったところだろうか。

 しかし、それよりも驚いたのは、待ち合わせの渡島当別駅でのこと。僕が列車より先に着いた駅前の小さなロータリーに車を駐めていると、大きな観光バスが入って来た。聞けば観光ツアーの一団も、僕の思惑と同じく旅のひととき、ローカル線の旅を楽しむのだとか。やっぱり、名コーディネーターの旅のコース設定に間違いはない。

 駅で二人と無事合流したなら、まずは『トラピスト修道院』へ。続いて『北島三郎氏生家前』を通り越して、『横綱千代の山・千代の富士記念館』と『福島町青函トンネル記念館』を見学する。心残りは渡島当別駅近くの『川田男爵資料館』が休館していたこと。川田男爵とは、あの男爵いもを創った人なのだとか。こうしてひとつひとつ、記念館や資料館をしらみつぶしに巡ってこそ、立派な夏の観光旅行というものだ。

松前城はガッカリ? 違う違う!立派なお城です

 松前の市街に入った頃には陽も傾き、今回の旅のメーンイベントともいえる『松前城』見学は翌日とすることにした。

 北海道の人にとって『松前城』は“北海道三大ガッカリ遺構”に数えられるのだとか。街の皆さんに「何でこんな所に来たの」「何も残っていないからねえ」「恥ずかしいわぁ」と声を揃えて平身低頭された。

 違う違う。立派なお城ではありませんか。城下町だって北辺のお城を盛り上げようと一生懸命に整備されている。地元の皆さんに、もっともっと“おらが城”に誇りを持ってもらいたい。

 今回の旅で、一番の感動は、松前から江差までの国道228号線、通称『追分ソーランライン』のドライブだった。光は燦々と、空気はカラッと。海はどこまでも青く。真っ青な空に浮かぶ白い雲。その景色は、日本の夏景色とは思えない。まるで、いつかドライブしたハワイ島のハイウェーのようであった。

 一生懸命に遊べば、思いもよらない景色に出会える。これぞ僕の旅の流儀だ。

 でも、一緒に旅する家族は、疲れるみたいよ。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.