日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 僕の働き方改革の行方  > 2ページ

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 僕の働き方改革の行方

第60回 好きでやっているのだから、休みがなくなっても文句は言えない

 石原良純

 去年は8月の猛暑に怖気付きジョギングを自粛した。途端に、運動不足で腰痛を発症した。クーラーが良く効いたテレビ局と移動の繰り返しの毎日がいけなかったのだ。そこで、今年は体を壊す夏にならないように、我が事務所「湘南ブラザース」も働き方改革をこの4月から実践している。

 週に一度は、オフの日を必ず設ける。夏休みも長く連休を取る。暑さ、寒さよりも労働時間に問題がある。ちゃんと休みを取れば、体は壊れないはずだ。

 4月のカレンダーには、週に一度はオフ日が記されていた。5月のゴールデンウィークには、家族で春スキーにも出かけた。6月もポツリ、ポツリと休みが取れた。ところが、7月はなんだか知らぬ間に月末まで休みがない。スタジオやらロケやら地方やら、ずるずると働き通してしまった。

 しかし、ここで問題になるのが自由業の僕の「働くとは何か」ということ。テレビ番組では面白そうなものが見られる、面白い人に会える、面白そうな場所へ行く。とっても幸せなことではないか。そんな誘いを受ければ、誰だって「見ます」「会います」「行きます」と手を挙げてしまうに決まっている。

城も好きだし、鉄道も好き、だから文句は言えない

撮影で訪れた奈良県の高取城。

 奈良県の高取城は、南北朝時代に南朝の吉野を守る前線基地として山中に築かれた。時を経て豊臣政権時代には、有事の際には大阪からこの城を経て紀伊山地を踏破して紀伊へ伊勢へと抜ける。そこから海路と進めば西国にも東国にも脱出できるわけだ。

 今は深い森の中に苔むして眠る壮大な石垣。木々の間からは生駒山地の山並みの向こうに大阪の摩天楼が眺められる。戦国の世、高取城は大阪城から最後の最後に頼る脱出路だったのだ。

 福岡県の博多南駅は、博多駅からわずか7分の終着駅。駅のホームに降りると線路の向こうは山陽新幹線の一大車両基地だ。

博多南駅から見える新幹線用の車両基地「博多総合車両所」。

 鼻つらを綺麗に揃(そろ)えズラリと700系車両が並ぶ光景は、やすやすと見られるものではない。東京でも大阪でも、新幹線の車両基地はセキュリティが厳しく、簡単に近づけないのだから。

 そして、博多駅から博多南駅までの運賃は僅か300円。300円で新幹線に乗車できる区間は他に存在しない。鉄道ファンならずとも、一度は行ってみる価値のある駅だ。

 「好きで行っているのでしょう。疲れた、疲れたと言わないの」

 ウチの奥さんは、そう言って口を尖んがらす。

 城も好きだし、鉄道も好きだし、確かに奥さんの言う通りに違いない。休みがなくなっても文句を言うのは止めておこう。

 でも、夏休みは欲しいよなあ。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも

先頭へ

前へ

2/2 page

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.