日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 北海道・真夏の列車旅で心身ともにリフレッシュ
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 北海道・真夏の列車旅で心身ともにリフレッシュ

第96回 夏の北海道の青空の下で見た景色とは

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 仕事の合間に、北海道のローカル線に乗った良純さん。さわやかな青空の下、アイヌ民族ゆかりの景勝地から、映画の舞台となった駅、地元の酒と肴まで、様々な角度で北海道を満喫し、身も心もリフレッシュしたようです。

今回乗った1両編成のディーゼルカー
今回乗った1両編成のディーゼルカー

 ガタン、ゴトン、ガタンと小気味良いリズムを奏でながら1両編成のディーゼルカーは、北の大地を疾走する。冷房のない車両の窓は大きく開け放たれ、天井では懐かしい扇風機が慌ただしく360度、首を振り続けている。髪の乱れを気にしなければ、乾いた風は十二分に心地良い。

 窓の外には遠くの山影まで、ずっと緑の田畑が続いている。時折、目の前に広がる白い花のカーペットは、そば畑のようだ。改めて、北海道は日本有数のそばの産地であることに思い当たった。

北海道の夏空は、青い!
北海道の夏空は、青い!

 緑の田んぼの上には青い空。湿度が低いから北海道の夏空は、本州のそれよりも格段に青い。青い空には、ほど良い間隔で白い羊雲が並んでいた。

 僕が真夏の列車旅を満喫したのは、北海道の留萌(るもい)本線。北海道の中央に位置する旭川。その西隣の深川から日本海に面した港町、留萌を繋いでいる。往時は石炭や海産物の輸送に賑わった鉄路も、今や産業の衰退と自動車輸送に取って代わられ、その存在すら危ぶまれている。

 実際、この夏の新聞紙面には、来春3月からの段階的な路線廃止が提案された旨の記事が載っていた。地元住民よりも鉄道ファンの乗客が多いとさえ囁かれている留萌本線が、この夏一際、脚光を浴びることは間違いない。僕は図らずも、先んじて鉄道ファン垂涎の本線の旅を楽しんだワケだ。

“時刻表鉄”の矜持をかけて見つけた景勝地は?

 僕が留萌本線に乗ることになったのは、この日、留萌の隣町である増毛(ましけ)町で講演会を依頼されていたからだ。夜の講演までの時間に、夏の北海道を楽しんでやろうと朝一の便で旭川へ飛んだ。空港からレンタカーで深川駅へ移動する。その後は車をマネジャーに任せて、僕は一人列車に乗り込むことにした。

 目指すは11時10分、留萌行き普通列車。乗り遅れてしまうと次の列車まで2時間待ちになる。1日7往復しかない列車の出発時間をちゃんと調べて駅に向かうのは、鉄道ファンの中でも時刻表を愛する“時刻表鉄”の僕にとっては当たり前のことだ。

 旭川空港から真っ直ぐ深川駅へ向かっては、いささか時間が余る。そこで鉄道好きの僕ならではの大好物をまたまた発見した。時刻表鉄は、有能なツアーコンダクターでもあるのだ。

 上川盆地から石狩平野に続く境辺りにある神居古潭(かむいこたん)は、石狩川がグッと狭まって渓谷となる景勝地だ。

 神居(かむい)はアイヌ語で神。古譚(こたん)は里を表す。古来、この地は神の住む場所、アイヌ民族の聖地とされてきた。移動を舟に頼っていたアイヌ民族にとってこの地の激流は難所であり、多くの命が奪われた。アイヌの人にとって魔神の住む地として恐れられていたのだという。

 今はその急流を木製の吊り橋の上から眺めることができる。前日の雨で水かさを増した茶色い濁流が音を立てて流れていた。切り立った岩肌と深い所では水深が70mもあるという渓谷は、アイヌの人々が神が住むと恐れていたことにもうなずける。

神居古潭の吊り橋
神居古潭の吊り橋

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.