日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 東京五輪が幕を開け、ステイホームで熱く応援中!

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

東京五輪が幕を開け、ステイホームで熱く応援中!

第84回 コロナ禍における良純流の五輪の楽しみ方

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 今回は、7月23日に開幕した東京五輪について。コロナ禍ということで会場に行くことも友人と集まることもままならない中、ステイホームでどんなふうに五輪を楽しんでいるのか、語っていただきました。良純さんが「自国開催の五輪の妙」と思ったのは、どんな点でしょう。

いつもと違う「不思議な熱気」の中、開幕

 東京五輪が、遂に開幕した。

 いつもの夏より、少し湿気の少ない空は強い陽の光に青く輝く。残念だったのは厚ぼったい積雲があちらこちらに点在していたこと。ブルーインパルスの描く五色の五輪が所々途切れてしまった。

 我が家の2階のベランダからは、隣家の高い屋根に遮られ、雲と雲のわずかな隙間から青い輪っかの破片だけが確認できた。

 無観客の開会式を控えた東京の街は“不思議な熱気”に包まれていた。

 五輪を楽しめ!楽しむな!

 コロナ禍で開催される五輪を僕等は初体験しなければならない。会場へ出かけることも、街へ繰り出すことも、友人と集まることもままならない。家族でお茶の間のテレビを観ながら声援を送るほかない。

テレビの前で声援を送る毎日。

 開会式直前の夜の街には、車や人影は疎(まば)らだった。代わりにお茶の間にご馳走を届ける大きな黒いリュックを担いだ宅配自転車だけが、やたらと目立った。

テレビの前で「ニッポン!チャチャチャ!」

 自国開催の五輪は、遠い彼の地で行われている大会とは、一味も二味も違うようだ。テレビ観戦でも十分にその迫力を楽しめる。

 今しがたも、階下から娘の絶叫が聞こえてきた。居間に駆け付けると、娘はテレビの前に立ち上がり何やら名前を叫び大きな拍手を送っている。

1/3 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.