日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 「暑い暑い」と文句を言わずに、暑さを楽しもう  > 2ページ
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

「暑い暑い」と文句を言わずに、暑さを楽しもう

第35回…宗像大社を訪れた後は、スタッフと一緒に海辺でバーベキュー

 石原良純

世界遺産登録を記念して“宗像大社”へ

 『アサデス。九州・山口』は、その名の通り、九州と山口でKBC(九州朝日放送)が放送する平日朝の人気ローカル番組。僕は木曜日のレギュラーを務めている。せっかく、九州へ行くのならば、福岡のスタジオだけではつまらない。月に一度、九州・山口のどこかにロケへ出ることを志願した。

 以前、このコラムで紹介した九州の城巡り企画と平行して収録しているのが“60'sおやじ二人旅”。僕と同い年で福岡在住のミュージシャン深町健次郎さんと60年代生まれのおやじ二人が九州各地をブラリ旅するという、ユルーい企画だ。この夏は、世界遺産登録を記念して“宗像大社”へ出かけることにした。

 福岡県北部、玄界灘を臨む宗像市。その市街地にほど近いのが辺津宮。沖合10km、人が暮らす大島に在るのが中津宮。そこから更に50km。玄界灘の真っ只中、絶海の孤島の沖ノ島にまつられるのが沖津宮。天照大神の三柱の御子神をおまつりする三つのお宮の総称が“宗像大社”。

 一木一草一石たりとも持ち出すことを禁じた掟が今も厳密に守られる沖ノ島。太古の昔より神聖な島とされた沖ノ島には、今もいたる所に宝物が眠るという。ぜひとも、島を巡ってみたいものだが、世界遺産登録を期に一般人の立ち入りは禁止となってしまった。宗像大社信仰を今も伝える場所は、陸にもある。辺津宮の本殿から小高い丘を登ると杜の中に広がるのが高宮祭場。杜を山を鳥を神として崇め、祈りを捧げ、感謝を伝える場所なのだそうだ。

バーベキューは家族とよりも、スタッフと?

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
お参りの後は、スタッフと一緒にバーベキュー。自ら釣ったキスと道の駅で調達した肉や野菜を堪能した

 お参りを無事に終えたら、実はここからがメイン・イベント。小さなボートで海に出てキスを釣る。釣った魚は、もちろん浜辺でバーベキュー。

 一時間、頑張って二人合わせて8匹釣れた。ド素人の二人にしては、まずまずの釣果だが、それだけではもの足りない。近くの“道の駅”で食料を調達し、豪華なバーベキューの宴が始まった。

 なにしろ九州各地は、野菜にも肉にもこと欠かない。地産地消の美味しい食材がゴロゴロ転がっているのだから。立派な肉や野菜に囲まれて、僕らが釣った小魚は肩身狭そうに網の上に並んでいた。

 ビールで乾杯し喉の乾きを潤したら、やっぱりキスから食べるとしよう。ちょっと焦げ目が気になるが、薄い塩味のタンパクな白身の味もおつなもの。心地良い潮風に吹かれながら食べれば、何でも数倍美味しくなる。

 番組に必要なカットをサッサと撮り終えたら、スタッフと一緒にバーベキュー。夏の初めにこんな贅沢な時間など滅多にあるものではない。

夏の初めにスタッフと過ごせた贅沢なひととき
[画像のクリックで拡大表示]

 夏の陽も西に傾き、神々が宿る島影へ落ちていく。夕凪の平たい海面に、一筋の黄金色の路が輝く。こんな景色を目の前にすれば、誰もが大自然に神を感じずにはいられない。最高、最高。

 でも、何が最高かって、帰りの運転を気にしなくていい。やっぱりバーベキューは家族とよりも、スタッフとかな。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.