日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 風に苦しみながら函館マラソンを完走!…その1週間後に起こった不幸
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

風に苦しみながら函館マラソンを完走!…その1週間後に起こった不幸

第22回…身も心もボロボロになりながら自己ベストから40分遅れでゴール

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 6月26日の『函館マラソン』に参加した石原さん。序盤は順調な展開でしたが、津軽海峡から吹き寄せる海風に苦しめられます。身も心もボロボロになりながらも、何とか完走。ところが、その1週間後、ある不幸が石原さんを襲います。

レース序盤は順調な展開だったが…

函館マラソンを無事完走した石原さん。ただし、函館の風に苦しみ、自己ベストから約40分遅れる結果に、石原さんの表情は険しかった

 6月26日、雨あがりの函館、千代台公園陸上競技場。石原良純選手、『函館マラソン』42.195kmを完走しゴ~~~ル!

 とはいえ、ゴールシーンの写真に写る僕は、なんと険しい表情。なんと惨めな風体。三カ月前、自己ベストタイムを叩き出し、ドヤ顔で足取りも軽くゴールゲートを潜った『鹿児島マラソン』の時とは雲泥の差だ。実際、身も心もボロボロのゴールだった。

 レースを振り返ってみる。『青函圏周遊博アンバサダー』を務める僕は、ゲストランナーとして競技場のフィールドに集うマラソン参加者に手を振りながらスタートラインに立った。号砲一発。先頭集団のエリートランナーが雪崩を打ってスタートして行くが、優勝争いのランナーのお邪魔になっては申し訳ない。僕はコースの脇に身を引いて、選手の流れが一段落するのを待つ。僕より少しだけ早そうな市民ランナーが目の前を通りはじめたら、僕も流れに加わってスタートゲートを潜った。先頭から遅れること約一分半、ピッピッとランナーの靴に付いた電子チップをゲートの計測機器が読み取る音を聞き、僕の函館マラソンは始まった。

 スタート時の天候はくもり。気温は15.5℃。南西の風3m。梅雨時にもかかわらず30℃超えが続出していた炎天下の東京とは大違い。マラソンには絶好の気象条件。ただ、空模様がちょっと気になる。スタート前に確認した携帯のレーダー画像は、いつ雨が落ちてきてもおかしくない状況。念のためビニール合羽をウェストポーチに引っかけて持参することにした。

 アマチュアは、屋外スポーツとなればとにかく雨が気になるものだ。楽しみにしていたゴルフでも、朝から雨がシトシト降っていれば気持ちが萎える。ところが本当の敵は風にある。全英オープンの松山英樹選手と同様に、函館マラソンの良純選手も、風に苦しめられることになる

 それでもレース序盤は、「五稜郭はどっちかな」「この電車道の四つ角が街の中心かな」と物見遊山気分であっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ。市民マラソンならではの和やかな雰囲気。タイムも最初の5kmを27分台。10kmで55分ちょっと。3度目の4時間切りを目指すサブ4ランナーの僕にとって予定どおりのレース運び。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.