日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > コラム  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純流・新ストレス解消法は、酒の勢いで「お宝ゲット」!  > 2ページ
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純流・新ストレス解消法は、酒の勢いで「お宝ゲット」!

第10回 鉄道マニアの性、模型から「走りたいよ」の声が聞こえてくる

 石原良純

ことの発端は「ふるさと納税」で貰える鉄道模型にあった

 そんな買い物嫌いなはずの僕が、最近すっかりハマっているのがネットオークション。お目当ては、“Nゲージ”。Nは、線路幅9ミリの英語のナインの頭文字。子供の僕は9ミリゲージと呼んでいた鉄道模型だ。

 ことの発端は、こちらも最近なにかと話題に上がるふるさと納税。インターネットでふるさと納税のお礼の品の頁をめくって眺めていたら、目に入ったのがNゲージだった。肉や米が貰えると聞いてはいたが、模型会社の本拠地、埼玉県鶴ケ島市では、なんとNゲージをお礼の品として進呈している。そこに写真入りで紹介されていたのが僕が逗子から横浜の高島屋へ行くのにも、品川の小学校に遠距離通学するのにも乗っていた横須賀線の車両。今のE-217系ではない、クリーム色と青のツートーンカラーが懐かしい113系車両だ。

 五十を過ぎて鉄道模型ではなかろうが、どうにも小粒のへッドライトの車両が愛しく思える。説明文には現在も活躍する房総地区仕様とあるが、国鉄時代には描かれていなかった横腹の“JR”のロゴ以外は以前と少しも変わりない。

「走りたいよ。走りたいよ」と電車の声が聞こえてくる

 カチッ、カチッとマウスをクリック。鶴ヶ島へ寄付を申し込む。肉よりも米よりも鉄道模型を選んだのは、あくまでも鉄道好きの長男・良将のため。

 四両編成の列車と展示用の短い線路が届いたら、良将に渡す前に、僕の書斎のサイドボードに並べてみる。なにせ、あいつに渡していきなり壊されたらたまらない。鉄道模型は精密機械、デリケートなものなのだ。

 懐かしい列車を眺めれば、「走りたいよ。走りたいよ」と電車の声が聞こえてくる。これは、鉄道ファンの本能というもの。とはいえ今更、線路を買いに模型屋さんの門をくぐるのも。そこで、またまたインターネットで見つけてしまったのが、オークションサイトだった。

商品の配送先は事務所に指定、マネージャ−に荷物を受け取ってもらう。そして、家人の出払った真っ昼間や、皆が寝静まった夜に、僕はこっそりと自分の部屋に模型を運ぶ。気が付けば、こんなにお宝が集まってしまった…。
[画像のクリックで拡大表示]

 サイトを覗けば、出るわ、出るわ。線路も車両も選り取り見取り。往年の模型ファンが、家で埃を被っていた自慢の品を手放したのだろう。僕は廉価でザクザクとお宝をゲットできる。

酒の勢いでクリック! こんな幸せ、そうそう味わえない

 大方のオークションは、週末の夜に佳境を迎える。「四千円」「四千百円」「四千二百円」ええいと一気に「五千円」をクリックする。お酒の勢いも手伝って見事に落札。五千円で、子供の頃には到底手の届かなかった車両や数多くの線路が手に入る。こんな幸せ、そうそう味わえるものではない。

 でも、落札した商品を家に宅配便で何度も何度も届けられては、妻に怒られる。そこで商品の配送先は事務所に指定、マネージャーに荷物を受け取ってもらう。そして、家人の出払った真っ昼間や、皆が寝静まった夜に、僕はこっそりと自分の部屋に模型を運ぶ。

 期末成績がガタ落ちして、プラモデル禁止令を出した母の目を盗んで、こっそりとプラモデルを部屋に持ち込んだ小学校六年当時とそっくりだ。

 気がつけば線路も車両も、なんとNゲージの増えたことか。車両を並べてみれば、そこに現れるのは僕が小学校の登下校途中に眺めた田町電車区の世界。

 ウム、やっぱり買い物もストレス解消になるのかも。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ)  1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.