日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 父・石原慎太郎のお別れの会を無事終えて
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

父・石原慎太郎のお別れの会を無事終えて

第95回 危惧された参列者の数は?

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 今年2月に父・慎太郎氏、翌3月に母・典子さんを亡くした良純さん。コロナ禍も落ち着いてきたこの6月、お世話になった方々のためにようやくお別れの場を設けることができました。最も心配したのは参列者の人数だったそうですが、実際にはどうだったのでしょうか。

 去る6月9日、「石原慎太郎 お別れの会」を無事に終えることができた。

 2月1日に享年89歳で親父は天寿を全うし、僅か35日後の3月8日には母も親父の元へ旅立った。コロナ禍という状況の下、ごく内輪でしか葬儀を行えずにいた。

 石原慎太郎の文学を愛し、政治家としての慎太郎を応援し、また同時代を共に闘った皆様に、せめて花の一本を父に手向けていただくお別れの場を提供したいとの思いがようやく実を結んだ。

「石原慎太郎 お別れの会」にて
「石原慎太郎 お別れの会」にて

どれだけの人が足を運ぶのかまったく想像つかず

 今回のお別れの会を催すに当たって、一番危惧したのは参列者の人数だった。石原家の葬儀、法要といえば、まず思い浮かぶのは裕次郎叔父の時のことだ。青山斎場での葬儀には3万人。国立競技場に菩提寺の總持寺を持ち込んだ二十三回忌の法要には12万人もの人に来ていただいた。

 会場は渋谷のセルリアンタワー東急ホテル。都心のシティホテルに、万単位の人が押し寄せたならば、何が起こるのか。折角のお別れの場も事故が起こってしまっては元も子もない。もちろん、52歳で亡くなった叔父の当時のファンは若かった。89歳で亡くなった親父の場合はファンも支持者も、親父と同様に歳を重ねている。ましてやコロナの時代だ。どれだけの人が実際にホテルに足を運ぶのか、誰にも想像がつかなかった。常識的な数字に収まるような気もすれば、思いも寄らぬ数になってもおかしくない気もする。

 ホテルの担当者から、コロナ下の東京で二つの大きなお別れの会があったと聞いた。一つは高名な歌舞伎役者さん、もう一つは大企業の社長さんのお別れ会。その会の参列者数がそれぞれ1500人と2500人。この二つの数字が参考になるのか、ならないのか。それさえ分からない。

 だから会の準備は、ホテルの内外をくまなく歩き回ることから始まった。

 宴会場に飾られる祭壇の前から逆算して歩いてみる。祭壇の前には献花の列が何列で、前後の人の間隔を50センチ取ったとしたなら何人並べるのか。次の間にはディズニーランドのようにクネクネと導線を仕切っていけば何人入れるのか。宴会場前の受付から廊下、階段を昇って宴会場専用のエントランスへ。建物に参列者が入りきらない場合は、人の列と車寄せを横切ってホテル敷地内の内庭へ延ばす。それでも人が溢れるようならば、渋谷駅へ続く歩道へ並んでもらうしかないだろう。どの辺りまで列が延び、どのくらいの人が滞留できるのか把握することが、安全に会を運営するのには不可欠なのだ。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.