日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > オープンカーで第三京浜を駆け、目指すは湘南
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

オープンカーで第三京浜を駆け、目指すは湘南

第59回 僕の今年の夏が始まった

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 6月半ばの梅雨とは思えないほどスカッと晴れた日曜日、オープンカーで湘南に向かった石原さん。初夏のザワつく浜辺で今年初めのマリンスポーツを満喫しました。

6月半ばのスカッと晴れた日曜日に、オープンカーで湘南を目指す石原さん。

 関東地方は、ほぼ平年並みの6月7日に梅雨入りしたが、西日本各地は記録的に梅雨入りが遅れた。過去、九州北部で一番梅雨入りが遅かった6月22日の記録が大幅に更新された。

 梅雨入り後の東京には、冷たい北東気流が流れ込む。気温が下がってシトシトと雨が降る、いわゆる梅雨寒がやって来る。

 学生時代、授業中の教室から初夏の青空をぼんやり眺め、週末には皆より一足先に海へ行ってやろうと思ったものだ。より早く、日焼けするのが格好良い時代だったのだから。ところが、そこで梅雨入り。急降下した気温に、半袖から伸びた腕をさすりながら、細かな雨をまき散らす灰色の空を悔めしく見上げたものだ。

 でも、近年はこの梅雨寒の日が、著しく減っている。一昔前までは、西日本の梅雨は気温が高くて雨がザーッと降るザーザー型。東日本の梅雨は気温が下がって雨がシトシト降るシトシト型などと言われていた。

 今年の東京は、気温が上がり真夏日を記録したかと思えば、翌日には道路に水が溢(あふ)れるほどの雨が降る。雹(ひょう)が降ったり、雷が鳴ったり荒れた天気となる。

 シトシト降る雨の中に、あじさいの花を眺めればでんでん虫が大きな葉っぱの上をのんびりと渡ってゆく。そんな情緒はもはや、失われてしまったかもしれない。今や日本の梅雨の景色は、どこへ行っても熱帯を思わせるザーザー型になってしまったようだ。

オープンカーで湘南を目指す、それが学生時代の憧れだった

快晴の逗子海岸。遠くに見えるのが伊豆の山並み。

 梅雨とは思えないほどスカッと晴れた日曜日、僕は車で湘南・逗子に墓参りに出かけることにした。ガレージのシャッターを開け、マイカーを出すのは3カ月ぶりのこと。ちょっと不安を抱きながらキーを回してみると、車はウンともスンとも言いはしない。車のバッテリーが上がってしまったのは3年連続のこと。二度と同じ轍(てつ)は踏まないつもりだったのに、またやってしまった。

 JAFを呼んで、バッテリーチャージをしてもらう。1時間遅れで逗子を目指す。せっかくのドライブなのだから、幌を取っ払いフルオープン。風に揉みクチャにされながら、第三京浜を疾走するのが初夏の楽しみの一つだ。

 オープンカーで第三京浜を駆けて湘南を目指す。そんな光景が僕らの学生時代の憧れだった。いい車の助手席にはいい女。日活映画ばりの昭和の先人達に見習いたいと皆、思っていた。

 ところが、今、街を見回してみると車の幌を取っ払い、ドヤ顔でハンドルを握っているのはおっさんとお爺さんばかり。昭和のドライブ文化が令和の世には存在しないのは間違いない。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.