日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純、流行りの糖質制限でダイエット成功!?
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純、流行りの糖質制限でダイエット成功!?

第21回…函館マラソンで醜態は晒せない! 禁酒と糖質制限で体重を落とす

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 6月26日(日)に開催される『函館マラソン2016』に出場する石原さん。青函圏周遊博アンバサダーを務める石原さんは、市民の前で醜態を晒すわけにはいきません。そこで体重を落とすべく、禁酒や糖質制限に取り組みますが…。

体重を1キロ落とせば、タイムが5分縮まる

 最近、僕、痩せたんです

 えっ、気付かない。本当、本当。

 いよいよ、函館マラソンの号砲が近づいて来た。市民ランナーの間では、「1キロ5分」と言われている。体重を1キロ落とせば、タイムが5分縮まる。まずは、体重を落とさねばならない。

石原さんは、鉄道好きの縁で今年4月から「青函圏周遊博アンバサダー」を務めています

 『函館マラソン2016』は、北海道新幹線開通を記念して開催される初のフルマラソン大会。函館観光の人気スポットであるベイエリアをくまなく巡り、初夏の陽射しを浴びながら函館の街を駆け抜ける、北の港街を満喫できる魅惑の42.195キロが、足に覚えのあるランナーを待ち受けている。

 僕だって多少は足に覚えあり。なにしろ今年3月には、鹿児島マラソンを誰にも文句を言われない自己ベスト3時間55分22秒で走りきったのだから。というよりも、去年3月の横浜マラソンで、折角4時間切りの“サブ4”を達成したのに、距離が足りなかった、と皆に文句を言われたのは珍しい。

 実際、万人単位の人間が参加するマラソン大会では、何が起こるか分からない。走者のコース誘導を間違ったり、緊急車両の誘導ミスでレースが大きく中断したり。はたまた、給水ポイントの水が足りなくなったり、観客がコース上に取り残されて動けなくなったり。

 第一回大会には、大なり小なりアクシデントは付きものだ。そして、ランナーが大会経験を積むほどに速く走れるようになるのと同じく、回数を重ねるうちに、警備の人も、救護の人も、応援する観客までマラソン大会が板に付いてくる。そんなマラソン大会自体の成長を眺めるのも、市民マラソンの楽しみのひとつだと、全国のマラソン大会を駆ける僕は気が付いた。

2015-16シーズンは、富山マラソンでしくじる

 この6年間、僕は秋から冬のマラソンシーズンに2度、レースに参加することに決めている。ところが2015-16シーズンは、富山マラソンでしくじった。体調万全で臨んだはずなのに、レース前夜にまさかの腹痛。腹をさすりながら一晩中ベッドの中でエビ反っていたのでは、マラソン完走はおぼつかない。フラフラでスタートラインには立ったものの、スタート直後の高岡大仏にご挨拶したところでリタイアした。

 そんな不完全燃焼だったシーズン終わりの6月に、函館マラソンに誘ってもらったのは渡りに船だ。“青函圏周遊博アンバサダー”を務める僕は、少しは函館のPRのお役に立てればと喜こんで参加させて頂くことにした。

 青函圏周遊博もまた、この春の北海道新幹線開業に呼応した記念イベントだ。青森市、弘前市、八戸市、そして、函館市の津軽海峡を囲む4市がそれぞれの特色を生かし、4市をグルッと巡る魅力溢れる観光エリアを創っていこうという取り組みだ。鉄道好きの御縁で僕は、この4月からアンバサダーを拝命し、青函圏を周遊する“ぐっとくる旅”PRのお手伝いをしている。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.