日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 白地図を塗りつぶしに旅に出る  > 2ページ目
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 白地図を塗りつぶしに旅に出る

第34回…松山英樹の活躍を見守りながら大隅半島へ

 石原良純

「地理好き」石原さんの楽しみとは?

 なぜ大隅半島なのか。

 金曜日が鹿児島で仕事だったから。そして、薩摩半島には何度も出かけたことがあるが、大隅半島には行ったことがなかったから。ちなみに、鹿児島県の二つの半島、西側が薩摩半島。東側が大隅半島。白地図を塗りつぶしていくように、全国津々浦々を巡るのが地理好きの僕の楽しみなのだ。

 錦江湾ごしに桜島を望む絶景に恵まれた城山観光ホテルで講演会の講師を務めた僕は、控え室で着替えると、市内のレンタカー営業所へ直行する。日暮れ前にフェリーで海を渡り、桜島の温泉旅館に宿泊する算段だ。鹿児島は火山の国。城山観光ホテルを含め、鹿児島市街地にも温泉宿は幾らでもあるが、今回は“大隅半島の旅”なのだから、天文館のネオンを忘れ、まずは島へ渡る。

 梅雨の晴れ間、夕暮れ時に海を渡る風は、思っていたよりもずっと冷たい。波穏やかな海面を進むと、見る見る桜島が近づいて来た。フェリー名物と聞くうどんはパス。温泉宿のテーブルにガチャガチャと並ぶ温泉料理が楽しみだから。

 鉄分のビシッと効いた温泉を浴びたら夕食。海の幸はもちろん、鹿児島の名物といえば豚シャブ。黒豚の油がポン酢だしにほんのり溶け出して、食も進めば、酒も進む。砲弾型の南九州五合瓶の芋焼酎が、ちょうど一本なくなった。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
桜島の『湯之平展望所』を訪れた石原さん(写真上)。展望台からは湾ごしに鹿児島市街地が見下ろせる(写真下)

 朝は早起きして桜島を眺めながらジョギングしよう、とシューズを持参していたのに寝過ごした。ねぼけまなこでカーテンをバッと開けば、そびえ立つ桜島、というわけにはいかない。オーシャン・ビューはありがたいが、錦江湾の彼方に薄っすらと二つの半島の山陰が見えるだけ。のっぺりした景色だ。部屋から桜島の景色を眺めるのなら、やっぱり城山観光ホテルが僕のお勧め。

 松山選手の二日目の快進撃を見届けたところで宿を出る。まずは、島内で一般人が立ち入れる最高地点、『湯之平展望所』を訪れるのが王道というものだ。

 フェリー乗り場から車で約15分駆け上がると、標高373メートルの展望台から湾ごしに鹿児島市街地が見下ろせる。もちろん、背後には桜島の雄姿。火口から、今にも噴煙が上がりそうな気配だ。

 約40キロの島内をグルッと一周ドライブすれば、何度も噴火を繰り返し、複雑な山型の桜島をいろいろなシルエットで楽しめる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
噴火に備えて各所に設置されている避難壕(写真上)。写真下は、大正の大噴火でたった一日で火山灰に埋もれた『腹五神社』の鳥居

 車を走らせていると“降灰時、スリップ注意”と書かれた標識が目につく。数キロ毎に厚いコンクリートの避難壕。桜島が今も活発に活動する火山であることを思い知らされる。

 黒神地区の『腹五神社』の鳥居は必見。大正の大噴火でたった一日で火山灰に埋もれた鳥居がわずかに地面から顔を覗かせている。以前、社会の教科書の写真で見た姿そのままだ。隣接する中学校の生徒が丁寧に掃除して、景観を保っているのだそうだ。

 桜島の自然を楽しんだら、一路、半島を南下する。あれっ、時計を見たら、もう昼だ。航空ファン必見の『鹿屋航空基地史料館』に寄ったら、とても九州最南端の佐多岬までは辿り着けそうもない。

 僕はもう一度、大隅半島を旅しなければならないようだ。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.