日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 白地図を塗りつぶしに旅に出る
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 白地図を塗りつぶしに旅に出る

第34回…松山英樹の活躍を見守りながら大隅半島へ

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。前向きに生きれば、日々是好転! 松山英樹選手が活躍した『全米オープンゴルフ』の生中継のため、2年ぶりに土曜日に休みがとれた石原さん。松山選手を応援しつつ、鹿児島の大隅半島へ旅に出ました。なぜ大隅半島だったのでしょうか。そこには石原さんらしい理由がありました。

松山が先か、それとも錦織が先か

 土曜日が休みになった。2年ぶりのことだ。

 テレビ朝日の『週刊ニュースリーダー』は、土曜早朝の情報番組。一週間の出来事を、ランキング形式で発表する。高視聴率のおかげもあって、昨年末は31日の大晦日まで、年始は暦どおり7日から。朝6時から8時までの生放送だった。この週末は、松山英樹選手の活躍が期待される『全米オープンゴルフ』の生中継があるということで、久々の休みとなったわけだ。

 年がら年中、休む暇なく番組造りに追われた制作スタッフにとっては、盆暮れが一緒に来たようなもの。ここぞとばかりに海外旅行に出かけた人もいるようだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 でも、土曜日の朝は4時起きと生活のリズムがすっかり出来上がっていた僕にとっては、番組が休止となると一週間の締めくくりが、少しもの足りなく思える。いやいや、日本人初のメジャー制覇も夢ではないのだから、ここはしっかり松山君を応援しよう。

『サントリー・オープン』のプロアマ戦に出場した石原さん(写真上の中央)。写真下は、ワールド・シニア・ツアーのエキシビジョン・マッチで有明コロシアムのセンター・コートに立った石原さん
[画像のクリックで拡大表示]

 ゴルフファンであり、テニスファンでもある僕にとって一番の関心事は、松山が先にメジャーを制すか、それとも錦織圭が先にメジャーを制するかだ。

 昨年11月、アジアのメジャートーナメントとも呼ばれる『HSBCチャンピオンズ』を制した松山。2014年、全米オープンで準優勝を飾り、年末の『ATPワールドツアー・ファイナルズ』出場の常連にもなっている錦織。ほんの数年前までは、到底、日本人には手が届かないと思われたメジャー王座が、松山と錦織の登場で夢ではなくなった。

 阿呆ほど遠くへ飛ばすドライバー。阿呆ほど速いファーストサーブ。そんな外国勢と互角に渡り合う日本人選手の活躍を見過ごすわけにはいかない。僕もゴルファー、テニスプレーヤーの端くれなのだから。

 過去には僕も、『サントリー・オープン』のプロアマ戦で、264ヤードのドライバーショットを放ち、見事にドラコン賞に輝いたこともある。我が家に届いた264缶のモルツ・ビールで妻を唸らせた。

 ワールド・シニア・ツアーのエキシビジョン・マッチで、僕は、神和住純さんとペアを組んで、有明コロシアムのセンター・コートでマッケンローと対戦したこともある。マッケンローのフラット・サーブは、僅かにフォルト。微動だにできない僕の横を突っ切って、コート・エンドのマットにぶつかりドスンとにぶい音を立てた。「オーッ」と1万人の観衆のどよめきは、今もはっきり覚えている。

 まっ、総武カントリーや有明コロシアムが、僕のスポーツ史のピークといったところか。この週末は、メジャーの一流プレーヤーのプレー姿を見て復活のきっかけを掴むとしよう。でも、せっかくの休みだし、なんかもったいないなぁ……というわけで、僕は松山選手がフロリダで熱き戦いを繰り広げている最中、大隅半島へ旅に出ることにした。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.