日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 家に居てもジタバタ動き続ける日々
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

家に居てもジタバタ動き続ける日々

第70回 緊急事態宣言下も走る、描く、つま弾く、学ぶ、自主練に励む

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 緊急事態宣言の発令以来ガラリと変わった石原さんの生活。せっかくできた時間を少しでも楽しまなければと、ジョギングだけでなく、絵を描いたり、ウクレレを弾いたり、語学に挑戦したり、充実した時間を過ごしています。

 4月7日に緊急事態宣言が発令されて以来、僕の生活もガラリと変わった。

 番組収録もロケもできないから、ひたすら家に居る。自宅で一カ月以上連続で目覚めたのは、間違いなく仕事を始めて初めてのことだ。

 でも、おかげで十分な睡眠時間をとれるようになった。僕の睡眠ルールは、2晩で11時間。この線を守っていれば、僕は元気に暮らせると勝手に決めてきた。

 水曜日の晩、『Qさま‼』の収録が終わってテレビ朝日を飛び出す。22時55分のスターフライヤーの最終便に飛び乗って北九州空港に到着するのが日付が変わって午前0時35分。

 深夜の海上空港で、タクシーにあぶれたら大変だから、タクシーは必ず予約しておく。いつもの第一交通さんで九州道をひた走り福岡市内のホテルまで1時間、一風呂浴びて寝床に就くと、時計は2時を回ってしまう。

 朝の起床は5時。歩いて近くの九州朝日放送へ。6時から『アサデス。KBC』の生放送と、2時間の休憩を挟んで10時から『アサデス。九州・山口』の生放送。番組終了と同時に局を飛び出し、都市高速を使って福岡空港へ。番組が終わって40分後には東京行きの機内に座っている。福岡の街のこの便利さは、何物にも代え難い。

 午後はテレビ朝日に戻って『ハナタカ!優越館』の収録。昨晩と同じメイクさんも、僕がまさか東京と福岡を往復していたとは気づくまい。

 仕事が終わったら、家に帰って夕飯を食べて早く寝るとしよう。翌日もロケで朝が早いから。10時には就寝しないと睡眠時間がノルマに届かない。今宵は昨日の分を取り返すため、8時間は寝なくてはならないのだから。

 そんな慌ただしい毎日も、今やすっかり昔話になってしまった。宿泊はおろか、飛行機も新幹線も緊急事態宣言以来、一度も乗っていない。仕事が無いからといって、中・高校生の子供の手前いつまでも寝ている訳にはいかない。我が家の起床時間は、8時と決まっている。子供がリモート授業が始まってからは、7時半には家中が動き始める。

 朝食後、授業も仕事もない僕の日課は、新型コロナウイルス平癒祈願ジョギングから始まる。

 山中伸弥教授が提唱されたように、ちゃんとマスクを着けて走る。ランナーの多い場所は避けるから、公園も河川敷も走らない。その辺の街中をひた走る。趣味、地理の野生の勘があるから、初めての街角でも決して道に迷うことなく目的地の神社、仏閣に到着できる。

アベノマスクを着けて、神社、仏閣を目指して走るのが日課に。

1/3 page

最後へ

次へ

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.