日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純、飛行機で断酒に成功!? 訝しがるCA  > 2ページ目
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純、飛行機で断酒に成功!? 訝しがるCA

第20回…50歳を過ぎたら、飛行機の中で無闇矢鱈と飲まなくなった

 石原良純

短いフライトで、少しでも多く飲むため、精一杯に努力してきました

 3杯目のロックグラスを片手でくゆらす頃には、奈良盆地を横切った飛行機は生駒山の上空で右旋回し、伊丹空港への着陸態勢に入る。すると、“ポン”とキャビンにアラーム音が鳴って、CAさんがグラスを回収に廻ってくる。でも僕は、お片付けを丁重にお断りする。森伊蔵をプラスチックのコップで飲むなんて野暮なことはできようはずもない。いい酒はその酒に見合った、いいグラスで飲んでこそ、はじめてその味を楽しめるのだ。

 グラスをくゆらせば、カランと氷が応える。飛行機は徐々に高度を下げてゆく。眼下に広がる大阪の夜景。通天閣が街から小さく尖って、“おかえりなさい”と点滅する。「おお、わしの街に帰って来たでぇ」

 僕は毎週月曜日の晩、すっかり『ナニワ金融道』の世界に浸っていた。

今は笑顔で「ペリエをお願いします」

 しかし、今の僕は違う。CAさんに飲み物を聞かれて、「ペリエをお願いします」とニッコリ笑顔で答えられるようになった。

 大阪に加え、福岡でレギュラー番組を持ったことが大きかった。大阪、福岡と週に最低でも2往復のフライトがある。他に地方の仕事が入れば毎日のように羽田空港をウロウロすることになる。先日は、10日間連続フライトと自己最高記録を更新した。そりゃ、毎度毎度、大酒を喰らっている場合ではない。

 昼はもちろん、夜でもグラスに手を伸ばさないフライト。すると、そんな僕の様子を訝しがるCAさんがいる。ギャレーのカーテンの奥から、シャンパンボトルを軽く揺らしながら微笑まれても、今の僕は飲まない日だってあるのです。

昔を知るCAさんが、大きなグラスでシャンパンを…

上空から撮影した富士山。奥には伊豆半島の姿がくっきり
[画像のクリックで拡大表示]

 先日の夜の大阪便では、いきなりCAさんが食事と一緒に大きなグラスになみなみと注いだシャンパンをトレーに載せてやって来た。大きなグラスでプクプク泡立つ液体は、ジンジャエールにしか見えない。さらに、グラスの横にはお代わりのシャンパンの小瓶まで並んでいる。この人も、僕の過去を知る人に違いない。

 シャンパンはやっぱり薄口のグラスで飲みたいものだ。こんな大きなグラスで飲んでは……、いやいや思い出した。その昔、大阪便の機内で僕は、お代わりを頼むのがめんどうだから、「大きなグラスに入れてきて」と言った覚えがある。

 いまだにお酒をたっぷり注いでもらえる僕は、機内でどんだけ飲んできたのだろうか。でも僕は、酔っ払って空気の薄い機内で騒いだはずありません。なにしろ気象予報士は、気圧に敏感なのだから。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.