日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純、飛行機で断酒に成功!? 訝しがるCA
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純、飛行機で断酒に成功!? 訝しがるCA

第20回…50歳を過ぎたら、飛行機の中で無闇矢鱈と飲まなくなった

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 石原さんにとって、飛行機の楽しみはなんといっても“お酒”。海外へのフライトはもちろん、東京-大阪間の短いフライトでも飲みまくったそうです。そんな石原さんも50歳を過ぎてお酒を控えるようになりました。ところが昔を知るCAさんは…。

飛行機に乗ったらいつも二日酔いになっていた

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
飛行機の楽しみといえば、なんといっても食事とお酒。この日もさっそくシャンパンでのどを潤した

 人間、50歳も過ぎれば何かしら進歩があるものだ。我ながら自分を“偉い”と誉めてしまうのは、飛行機の中で無闇矢鱈と酒を飲まなくなったこと。

 その昔、海外ロケで異国の飛行場に降り立つと、世界中、どこの空港でも体調が悪かった。頭は痛いし、やたらと喉が乾いてる。入国審査の列にはいつもフラフラで並んでいたものだ。

 機内の楽しみは、なんといっても食事。食事には酒がつきものだ。ジントニック飲んで、ワイン飲んで、デザート酒にも手が延びる。そのままベロンベロンで寝入るのだから、寝起きが爽やかなワケはない。寝不足、二日酔いで到着した空港で元気なワケがない。

 気圧の低い高高度を飛行する航空機は、機体への負荷を軽減するために、機内の気圧を減圧する。地上気圧に比べて、20%程度、機内の気圧は低い。気圧が低いと、人間の体は地上にいる時よりも膨らむ。すると血管も膨らんで、血管を流れる血液の量が多くなる。胃で吸収されたお酒のアルコールが、セッセ、セッセと体の中を駆け巡る。結果、飛行機の中で人は地上より酔っ払い易くなるというわけだ。

 酒飲みは、酔えば酔うほどに、雪ダルマ式に酒量が増える。増してや飛行機内はフリードリンク。タダと思えば、さらに酒量が増える。『ドランブイ』に『クワントロ』。甘いリキュールをたしなんだ僕は、口直しにブランデーまで頼んでしまう。

東京-大阪のフライトでも容赦せず

 国内線でも、ファーストクラスやプレミアムクラスならば、お酒がタダだ。なかなかのお酒が揃っていたりもする。芋焼酎『森伊蔵』など、僕は日航機内でしかお目にかからない。

 だから、東京-大阪なんて短いフライトでも、僕は容赦しなかった。東京-大阪間のフライトは、1時間ちょっと。水平飛行に機体が安定して、機内サービスが受けられるのは30分程度に限られる。その短い時間に酒飲みはその欲望を満たすため、精一杯に努力する。

 努力は、搭乗以前から始まる。シートの予約は、一列目。機内サービスは前方から始まるのだから。だが、せっかく1Aに座っても、サービスが反対側のK列から始まることもある。そんな時、僕はさぞや恐い目でCAさんを追っていたに違いない。サービスは1Aからと航空会社は、はっきり決めておいてもらいたいものだ。

 「お飲み物は」と聞かれたら、「シャンパンと森伊蔵のオンザロックをダブルで」が合言葉。シャンパンを飲み干し、次にCAさんにお願いして森伊蔵の到着を待つ余裕は大阪便には存在しない。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.