日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 僕の体を大きく変えた一枚の織物
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 僕の体を大きく変えた一枚の織物

第45回 就寝前のストレッチで優しく深い眠りに付く

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! ここ10年ほど、就寝前のストレッチを欠かさないという石原さん。日々のストレッチを支える一枚の織物、それは佐賀で出会った逸品でした。

この十年、就寝前のストレッチは欠かさない

 “ポコッ”

 体の奥で音がする。周りの人には聞こえないかもしれない。音というより、体の内を伝わる小さな震動。その音が聞こえたら、僕はストレッチを終える。

 この10年、僕は就寝前のストレッチを欠かさない。正確に言えば、欠かさぬように極力、努力している。宿泊先のホテルへ到着が深夜になっても、一風呂、浴びたあとにストレッチ。体を少し伸ばせば、優しく深い眠りにつくことができるのだから。

 まずは、正座。正座するだけで、僕のように硬い体の人間は、体の内がザワついてくる。ふくらはぎ、ふとももの細胞一つひとつがザワワ、ザワワ。血管を流れる血流の赤血球も白血球もザワワ、ザワワ。痛いようで、痛くない。気持ち良いようで、気持ち良くもない。

 正座しながら、首のストレッチ。手順が詳しく分からない時は、とにかくグルグル廻すこと。首なら首をグルグル廻す。腕なら腕をグルグル廻す。経年劣化に負けぬよう可動域をキープすることが大事なのだと以前、どこかの整体師に教授された。

 朝の『モーニングショー』(テレビ朝日・ABC系列)で、“アカデミ・ヨシズミ”というコーナーを担当していた。毎週、様々な医療現場を訪ね、首痛、肩こり、腰痛の先生にいろいろと話を伺ってきた。その最大公約数が、体をグルグル廻すことであった。

就寝前のストレッチを欠かさないという石原さん。決死の覚悟で日々実践しています。

 3年間の取材の中で、数々の体に良い体操を教わったが、全部やっている時間はない。僕は正座して首を廻したら、そのまま真後ろに倒れ込む。体の柔らかな人にとっては何ということのない動作でも、僕にとっては、決死の覚悟だ。

 しなりのない体は、背中が倒れると同時に、膝頭がピョコンと上がる。床と接するのはつま先の僅かな部分だけ。そこに下半身の重み総てがかかるのだから、指先から足の甲にかけて激痛が走る。それが、第一関門。

 「足の指は、自分の体重で折れたりはしないよ」。整体師の言葉を信じて耐える。

 不思議なもので、5分もすれば痛みに慣れてくる。痛みが和らいだところで、足の甲を床につけてグッとお尻の下に引き寄せる。すると、しなりのない体は、お腹がポコンと宙にせり出して、カマボコ型に膨れ上がる。そこで、太ももの表面がはがれるように痛むのが、第二の関門。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.