日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 春から仲間入り!「サーキット・トレーニング」と「ベランダ菜園」  > 2ページ目
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

春から仲間入り!「サーキット・トレーニング」と「ベランダ菜園」

第8回 新コーナー「ヨシズミライズ」で“目から鱗”

 石原良純

 そんな軽い筋トレと有酸素運動を時間で区切って交互に行うのが、「サーキット・トレーニング」だ。

 取材に出かけて驚いた。今やこの「サーキット・トレーニング」が、特に女性のあいだで大ブーム。女性専用のスタジオが、全国に1000スタジオもあるという。買い物の前に、お出かけ前に、額にほんのり汗が浮く程度。皆さん約一時間の「サーキット・トレーニング」を日常生活に取り入れているのだそうだ。

残念。内匠頭の辞世が最後まで出てこない

 もちろん、「ヨシズミライズ」は健康増進だけを訴える番組ではない。扱うテーマは幅広い。第二回の取材に出かけたのは、「蕎麦打ち」道場。

 蕎麦好きが高じて。料理好きが高じて。蕎麦を打つ姿に憧れて。五十代、六十代を中心に全国で七十万人もの人が、「蕎麦打ち」にハマっているのだとか。

 粉と水の量を丁寧に計って、マゼマゼ。手に力を入れ過ぎないように、コネコネ。マゼマゼ、コネコネの一時間。料理を全くやらない僕でも先生の御指導よろしく、無事に手打ち蕎麦が完成した。細いの太いの、麺の太さがまちまちなのも御愛嬌。最後は初手打ち蕎麦をツルツルっとやれば大満足だった。なるほど、「蕎麦打ち」にハマる人の気持ちがちょっぴり理解できた。

 第三回は、今や専門のガイドブックも存在するという「五街道ウォーク」。この辺りとなれば、城好き、マラソン好きの僕にもその魅力は容易に理解できる。東海道、中山道、甲州街道、奥州街道、日光街道の五街道。お気に入りの道を宿場から宿場へと自分の足で歩いてみる。自分のスピード、自分の目の高さで景色を眺めれば、江戸時代の風情が頭の中に浮かんでくる。

 僕が日本橋から品川宿までの僅かな距離を歩いたのは、桜の花散る頃。街道から少し右に折れ訪ねた泉岳寺では、春風に無数の花びらが舞っていた。

 “風さそう 花よりもなお 我はまた……”

 残念。内匠頭の辞世が最後まで出てこない。ガイドブックより素晴らしい景色に出会い、改めて歴史を勉強したくなる一瞬だった。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.