日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 春から仲間入り!「サーキット・トレーニング」と「ベランダ菜園」
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

春から仲間入り!「サーキット・トレーニング」と「ベランダ菜園」

第8回 新コーナー「ヨシズミライズ」で“目から鱗”

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。前向きに生きれば、日々是好転! 先の四月、石原さんが毎週担当している朝の番組コーナーがリニューアルした。テーマは、「長くなった人生をいかに楽しむか。バラ色の未来を彩る新しい知恵やヒントを提供する」というのもの。そこで出合った数々の発見と驚きが、石原さんにまた新しい趣味と活力を与えることに。

四月から「ヨシズミライズ」にリニューアル

 月曜日の朝、『モーニングバード!』(テレビ朝日・ABC系列)で僕が担当するコーナーが、この四月、リニューアルした。

 “科学する気持ち”を一人ひとりが持つことが、次の時代のエコロジー。そんな科学の最先端の現場を巡る「アカデミ・ヨシズミ」は、三年前、番組開始と共に始まった。しかし、高齢化社会のニーズを反映して、いつしか医療現場に特化してしまった。腰痛、首痛、肩こりはもとより、がん、心臓、脳疾患。三年かけて体じゅう廻り切った感は否めない。

 ならば、医療技術が進歩を遂げ、長くなった人生をいかに楽しむか。バラ色の未来を彩る新しい知恵やヒントを提供しよう、と新コーナーは企画された。

四月からの新コーナー「ヨシズミライズ」のロケの合間に、満開の桜をバックに撮影。この日は「楽しめて、学べて、健康にもつながる“五街道ウォーク”」がテーマ。「長くなった人生をいかに楽しむか。バラ色の未来を彩る新しい知恵やヒントを提供することが新コーナーの狙いです」。
[画像のクリックで拡大表示]

 その名も、「ヨシズミライズ」。ヨシズミ=良純に、ミライズ=未来図を掛けたタイトルは、いささか発音しにくい。それでも、この四月から元気に新コーナーは始まった。

取材でびっくり! サーキット・トレーニングが女性に大ブーム

 第一回のテーマは、「サーキット・トレーニング」。

 人間の体は加齢と共に、筋肉量が低下していく。すると基礎代謝も落ちるから、前と同じ量を食べれば、当然、体が余分なエネルギーを蓄えることになる。そして、それは様々な成人病の元凶となる。

番組コーナーのリニューアルに合わせて、ロゴも一新しました。
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで、ウォーキングや適度なジョギングで健康維持を心掛けている人が多くなった。でも、有酸素運動だけでは、問題の解決にはならない。筋肉量自体を増やす筋トレをしなければいけないのだ。

 筋トレと聞けば、雄叫びを上げてバーベルを持ち上げたり、汗をほとぼらしてスクワットする姿が思い浮かぶ、が今さらレスラーやボディービルダーを目指すわけではない。ほんの、さわり程度。少し筋肉を動かして、「ああ、自分の体のこんな部分に、こんな筋肉があるのだな」と自覚するくらい、筋肉に刺激を与えるだけでいい。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.