日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > ストレッチは大の苦手 でも体のしなやかさは身に付けたい
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

ストレッチは大の苦手 でも体のしなやかさは身に付けたい

第81回 ミュージカル『CATS』と僕とヨガ

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 今回は、ミュージカル『CATS(キャッツ)』の鑑賞を機に思い起こした歌やダンスにまつわるエピソードや、猫のようなしなやかさを身に付けたいとこの春に習い始めたヨガについて、語ってくれました。

 先日、東京・大井町のキャッツ・シアターに、ミュージカル『CATS(キャッツ)』を鑑賞に出かけた。

 ロングランを続ける不朽の名作も、6月20日に千秋楽を迎える。緊急事態宣言が刻一刻と迫る気配の東京で、今、見逃したらもう見られないかも。焦る娘に手を引かれて、僕も劇場に足を運ぶことになった。

 1年間に100本、芝居を観てやると足繁く劇場通いをしたのは、もう30年も前のこと。その当時でさえ全くミュージカルを観た記憶はない。

 少年時代、日比谷の日生劇場で作・石原慎太郎『若きハイデルベルヒ』という芝居を観た。主演、中村勘九郎(五代目)、大竹しのぶ。二人は当時、まだ10代だったのだろうか。音楽劇と紹介されていたから、それが僕とミュージカルの唯一の接点だった。

歌やダンスの思い出といえば…

 そんな僕は、いつしか舞台で演じる側となり、つかこうへい作・演出の舞台『熱海殺人事件』で主人公、木村伝兵衛として紀伊國屋ホールやパルコ劇場の舞台に立った。

『熱海殺人事件』での良純さん

 膨大なセリフを大音量でやり取りする物語は、観客が息をつく暇もなく目まぐるしく展開していく。舞台上の登場人物と観客の気持ちが一つになった頃合いで照明が変わり、突然マイクを持って僕は歌い出す。

 どんなに面白い芝居を創っても、観客の集中力は40分で途切れる。疲れ果てる前に、観客の気持ちを一旦、解放してあげる。エンターテインメントを知り尽くしたつか氏ならではの演出だ。

 ♪メロディ~ 泣きながら~っ♪♪

 玉置浩二さんの『メロディー』を熱唱する舞台上の僕を、観客は呆然(ぼうぜん)と見上げている。そこで木村伝兵衛の彼女である水野婦人警官がひと言。

 「いつまでたっても、歌、上手くならないわね」

 ちゃんと客の気持ちを代弁するセリフを用意することも、つかさんは怠りなかった。

 終演後のカーテンコールは、まるでインド映画のように出演者全員でダンスを踊る。それまで、音に合わせて体を動かしたことのなかった僕にとっては、芝居の稽古と同じぐらい、ダンス・レッスンはハードなものとなった。

舞台の練習中。この頃からしなやかな動きは苦手とするところだった。

 週に1回のダンス・レッスン。前半の1時間は、ただひたすらストレッチ。しなやかな体が激しく動いてこそ華麗なる踊りは完成する。これも、僕が大の苦手とするところ。他の劇団員は、両手両足を真横に伸ばしてピタッと床に体で「土」の字を描く。僕は独りだけ、紙相撲の力士のように両手両足を直角に開いて、それでも頭を少しでも床に近づけようと呻(うめ)いていた。

 後半の1時間が踊りのレッスン。アン・ドゥ・トヮッとクラシックバレエの基本動作から始まった。お腹を引っ込めて、体を薄くして立つ。「プリエ」で両膝を曲げる。「グランプリエ」は大きく曲げる。「ドゥミプリエ」は小さく曲げる。第2外国語にフランス語を選択していたことが、生まれて初めて役に立った。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.