日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 新型コロナウイルス平癒祈願ジョギング

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

新型コロナウイルス平癒祈願ジョギング

第69回 ジョギングで神仏に⼿を合わせ、リモート出演の準備に孤軍奮闘!

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 公園のジョギングコースの混雑を避けて、近隣の神社、仏閣を目指して走る“新型コロナウイルス平癒ジョギング”を始めた石原さん。一方、テレビ番組のリモート出演では自宅での簡易スタジオ作りに孤軍奮闘しました。

 政府の専門家会議が提言した、人との接触を8割減らすための10のポイント。僕が注目したのは、『ジョギングは少人数で、公園はすいた時間、場所を選ぶ』という項目。

 外出自粛要請が出た後の週末、やっぱり走りたくなって公園のジョギングコースに出かけて驚いた。なんと人出の多いことか。観光地や繁華街に出かけられないのならば、せめて近くの公園へ。そんな思いは誰も同じだ。しかし、これではせっかくの自粛も自粛にならない。

 そこで僕が思い至ったのが、“新型コロナウイルス平癒祈願ジョギング”。

 近隣区内の神社、仏閣をインターネットで調べ、そこを目指して街へ駆け出す。人出の多い公園や商店街を避け、人通りの少ない住宅街を駆け抜ければ人との接触を最低限に抑えられるというわけだ。

 運動不足解消と同時に、神前、仏前で手を合わせ新型コロナウイルスの平癒を祈願する。ちょっと不謹慎と思われるかもしれないが、この非常時には神様も仏様も笑って許してくださるのではないかと、僕は真面目に解釈している。

 初回の目黒不動尊までは、グーグルマップ上では我が家から4.2キロ、程よい距離だ。参道のうなぎ屋さんからは美味しい煙が立ち上っていたが、さすがにうなぎを片手に走れないので諦めた。

 多摩川河畔の浅間神社からは、御神体の富士山が前日の低気圧の影響で真っ白い雪の衣をまとって丹沢の山並みの向こうに現れた。

 記録的な暖冬の冬だったが、春になるにつれ季節の歩みは遅いようだ。陽射しは暖かいが、空気はピリッとしている。この澄んだ空気のおかげで、くっきりと富士山を眺められたわけだ。

多摩川河畔の浅間神社からは、丹沢の山並みの向こうに富士山が眺められた。

1/3 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.