日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 新型コロナウイルス平癒祈願ジョギング  > 3ページ目
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

新型コロナウイルス平癒祈願ジョギング

第69回 ジョギングで神仏に⼿を合わせ、リモート出演の準備に孤軍奮闘!

 石原良純

ひとりですべてを準備する孤独なリモート出演

 月曜日の朝は『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)に、リモート出演。木曜日の朝は『アサデス。KBC』(九州朝日放送)にリモート出演。そして土曜日の朝は『週刊ニュースリーダー』の生放送。週に一度だけ仕事に出かける僕は接触8割減を実践しているのは間違いない。

 いずれも朝の番組だから、朝飯前にその日の仕事が終わってしまう。再び寝床に戻るかというと、さにあらず。なにしろ、前の晩もやることがないから早く寝ている。たとえ4時起床でも、夜9時に就寝だから、睡眠時間は7時間。朝飯を食べたら神社に向かって走りだすのだから体調に問題あるはずがない。

 最近は視聴者の皆さんもすっかり見慣れてきたであろうリモート出演。出演する側は当初、途中で映像や音声が途切れたらどうしよう。スタジオとリモート中継の音声のタイムラグはどの程度なのだろう。ちゃんとクロストークが展開できて番組は成立するのだろうかと不安だらけのスタートだった。

 その上、家人を起こさぬよう物音に注意して、ひとりですべての準備をする。テレビ界とは思えない、まことに孤独で地味な作業なのだ。

 もちろん着替えやメイクは、毎度のことだから気にならない。僕はモーニングショーで御一緒の玉川徹氏のようにカメラに映らないからといって、ズボンがパジャマのままなどと手抜きは一切いたしません。ファンデーションだって薄っすらでも塗っておかないとテカりますから。

テレビ番組のリモート出演のために、簡易スタジオをセッティング。
スタジオを反対側から見るとこんな感じ。本や箱を積み重ねて苦心の高さ調節。

 面倒なのは、カメラとマイクのセッティング。なるべく白く、無地の壁を背景に決め、家中の使えそうなものをかき集めて簡易スタジオをセッティングする。

 椅子の高さが決まったら、iPadのカメラ位置を本やら箱やらを積み重ねて調節する。照明は部屋の灯りだけでは少し暗いから、寝床の横のLEDスタンドを動員する。ヘッドセットは、高校生の息子から語学学習用のヘッドセットを借りた。

 語学の授業に使うせいなのか、マイクの集音力が優れていたようだ。テレビ局の音声さんからは高い評価を得た。だが、家族からはひとりだけ大きなヘッドフォンで格好悪いとブーイング。慌てて近くのヤマダ電機へ走るハメになった。

 リモート中継も、今日で早くも5回目。ようやく朝の手順も慣れて落ち着いてきた。すると今度は、2時間の生放送がやたらと長く感じてくる。スタジオにいればVTRやCM中に、他の出演者と会話することもある。ところが、リモート中継では狭い部屋の片隅にポツンとひとり静かに座り、じっと目の前のiPadの画面をにらみ続ける。たまに言葉を発しても、イヤホンから返ってくるスタジオの声はどこか遠くに感じられる。

 やっぱり、スタジオに戻りたいなあ。

 でも今は、コロナウイルスが通りすぎるのを待つしかない。

 人との接触を8割減らしつつ、僕は新作八幡宮への道を研究している。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.