日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 「仕事をしてお金を稼いだら、いい車に乗る」 これぞ男の生きる道
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

「仕事をしてお金を稼いだら、いい車に乗る」 これぞ男の生きる道

第44回…僕は愛車を手放さない

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 季節はもう初夏。オープンカーで街を走るのに最高の季節です。ところが、石原さんの愛車はバッテリートラブル中。修理の痛い出費に、ガックリと肩を落とす石原さんに、奥様から冷たい一言が…。

 「えっ、ウソ~っ」

 ゴルフ練習場へ行こう、と愛車のキーを回しても、エンジンはウンともスンとも動かない。最初の数回は、運転台のパネルが薄ぼんやりと点灯したが、やがて音信不通となった。車のバッテリーがあがってしまったのだ。

 確かに年末から忙しい日々が続いていた。それでも、過去の経験を活かして、もう二度とバッテリーがあがることのないように、愛車になるべく乗るよう心掛けていた。にもかかわらず、三年連続で同じミスを繰り返してしまった。

石原さんの愛車、ジャガーのオープンカー。今年の春は、三年連続でバッテリーがあがってしまうトラブルに見舞われた

 JAFのロードサービスを呼んでセル(セルモーター)を回してもらっても、また乗らないでいるとバッテリーはあがってしまう。2月、3月も忙しそうだから、僕は暫く車を放っておくことにした。

 そうこうしているうちに、季節は早くも春から初夏に移る。花粉の飛散も一段落した。初夏の陽射しは眩しいが、蒸し暑い夏とは違い、風が吹き抜ければ心地良い。オープンカーで街を走るのに最高の季節。今、走らずに、いつ走る。僕はゴールデンウィークを目前に、ようやくディーラーに電話することにした。

 メカニックの人がやって来て、ちょちょいとブースターケーブルを繋げば簡単に車は動くものとばかり思っていた。が、然に非ず(さにあらず)。完全に放電してしまったバッテリーは、もう復活することはなかった。結局、店に新品のバッテリーを取りに戻ってもらうことに。バッテリー交換代、3万円。僕の不注意から、またまた、この春も痛い出費となった。

かつての撮影所の駐車スペースには、世界の名車がズラリ

 ガックリと肩を落とす僕を見て、妻は「乗らない車なんて捨ててしまいなさい。私が売って来てあげる」と冷たく言い放つ。

 なんと男心を理解していないのだろうか。しっかり仕事をして、お金を稼いだら、いい車に乗る。これぞ男の生きる道なのだ。

 ウチの親父はトライアンフで、叔父はガルウイングのベンツで、夜の銀座から港・横浜まで、砂利道の第二京浜を夜な夜なツッ走っていたと聞く。撮影所の駐車スペースには、ベンツ、BMW、ジャガー、ポルシェと世界の名車が並んでいた。そんな先輩方の姿を羨ましく眺め、いつかは自分もいい車に乗れるようになるぞ、と若者は精進するのだ。

 僕の学生時代は、正にユーミン全盛期。右に見える競馬場、左はビール工場と、とにかく中央フリーウェイをひた走る。はたまた、第三京浜を十分台のラップで駆け抜け、港の見える丘公園を目指す。ガールフレンドを助手席に乗せドライブするのが、理想デートのひな型だった。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.