日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 僕が気楽な“平成JUMP”でいられるワケ
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

僕が気楽な“平成JUMP”でいられるワケ

第57回 石原良純 恩師の慰労会のため母校・塾高を訪れる

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 高校時代に所属した合気道部の恩師の慰労会のため母校を訪れた石原さん。先輩・後輩に会って、40年の歳月を実感します。その中で最も若さをキープしていたという石原さん。その若さの秘訣は?

日吉駅から慶応義塾大学や慶應義塾高校の校舎へと続く並木道。緩いスロープになっている。

 春の陽射しがポカポカと心地よい日曜日、僕は久々に母校のある日吉の坂を登った。

 慶應義塾大学と慶應義塾高校が連なる日吉の丘。駅前から校舎へと続く緩いスロープを授業に遅刻しそうになっては駆け登り、部活の練習ではダッシュしたのも懐かしい思い出だ。

 この4月、僕が所属した塾高合気道部の初代部長を務められた、福田正彦先生が高校を退職された。その労をねぎらうべく、慰労会を大学の学食の一部をお借りして開くことになったのだ。

 日吉のキャンパスを訪ねるのは、テレビの取材や学園祭の講師など過去に何度かあったが、こうしてのんびりと坂を登るのは学生時代以来かもしれない。

 東急東横線日吉駅を最寄り駅とする学校は、朝の通学ラッシュの混乱を防ぐため、授業開始に時差を設けていた。

危うく大学推薦を取り消されるところだった!

 一番、割りを喰ったのは塾高生だ。中学時代は一番遅く9時だった始業時間が、塾高に入った春から一番早い8時20分に繰り上がる。朝の40分間は、いつまでも寝床を去り難い育ち盛りの少年にとっては大きな時間だ。誰もが、ちょっとイラッとしながら朝の日吉の坂を登っていた。

 当時の塾高は、良くいえば自由気ままな校風。見方を変えれば、野放し状態だったと同窓生の誰もが口をそろえる。

 どうしても朝が辛ければ、一時間目を自主休校にすればいい。翌日、ちょっと字の上手い奴に届けを書いてもらい、三文判を押して提出すればそれで事は済んでいた。

 ところが高校3年生の終わり、大学の学部推薦が決まった時に驚いた。壁にズラリと1学年900人の氏名と進学先が発表される。そんな僕の名前の上には、“遅刻警告”と赤く大きな文字で印されていた。

 どこかで、ちゃんと見ている人がいたのだ。放任主義の裏側には、しっかりとしたセルフ・マネジメントが不可欠だ。なめてかかって、危うく大学推薦を取り消されるところだった。

慶應義塾高校(塾高)の校舎入口。慶應のシンボルマーク(ペンマーク)の上に「慶應義塾高等學校」とある。

 坂を登り切ると、正面が大学の講堂。現在は、耐震基準の問題で建て替え中。左手が大学の校舎、右手が塾高の校舎だ。いずれの建物も、第二次世界大戦を生き抜いた強者たち。なにしろ日吉の校舎には、本土決戦に備え東京から海軍司令部が移動してきていた。日吉の丘の地中には、大地下壕がアリの巣のように張り巡らされているのだそうだ。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.