日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 84歳のお爺さんに筋トレのアドバイスを受ける
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 84歳のお爺さんに筋トレのアドバイスを受ける

第32回…花粉の季節は貴重な筋トレの期間

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。前向きに生きれば、日々是好転! 春は花粉の季節です。石原さんはこの時期、街を走らず区立体育館のジムに通います。そこで実践する、石原流の「筋肉量を増やすための筋トレ」とはどういうものなのでしょうか?

三月、四月は僕にとってはジムの季節になる

 僕が持つ“緑のカエルさん”の中身は、なんでしょうか。

 ヒント1 ジム通いに欠かせないものです。
 ヒント2 関白、藤原頼通にゆかりあり。
 ヒント3 携帯電話普及以前は、お出かけの必需品でした。

 ヒント3まで聞けば、クイズ番組『Qさま!!』の僕の好敵手。宇治原さんやカズレーザーさんならば、答えがピンとくるに違いない。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
三月から四月のこの時期、石原さんは“緑のカエルさん”を持って近所のジムに乗り込みます

 正解は、十円玉。その表面には、藤原頼通が建立した宇治の平等院鳳凰堂が刻まれている。

 そして、雨の日の駅前で、公衆電話の前に並ぶ長い列。やっと順番が廻ってきたのに、財布に十円玉が見つからなくて右往左往した想い出が、五十代以上の人にはあるはずだ。

 でも、ヒント1は、全くもって僕の個人的な理由だ。僕のいきつけのトレーニング・ジムは、ウチから僅か徒歩3分の区立体育館の中にある。路地を曲がれば、通りの突き当たりに大きな建物が見える。大きなホテルや商業施設で車を駐車場に入れて歩くよりずっと近い。ここの使用料が、一回三百円。そこで自動券売機に、ジャリジャリと十円玉を三十枚連投するのがマイ・ブームとなっている。

 十円玉の出所は、机の上の小銭貯金。五百円玉は、瀬戸物の貯金箱。百円玉、五十円玉は、漆の小箱。十円玉は、ガラスの小物入れ。五円玉と一円玉は、陶器の器。小銭は、きちっと分別して貯めてゆく。一年かけて貯めた十円玉をザックリ手ですくい、カエルさんにブチ込んで、ジムに乗り込んでいるのだ。

 三月、四月は花粉の季節。春風に誘われてジョギングに出かけたいのはやまやまだが、街を走ってもロクなことはない。マスクや鼻栓を着けて走るのは苦しい。とはいえ、備えを怠れば、そのツケは就寝後に廻ってくる。鼻水が止まらないどころか、鼻腔が炎症をおこして寝れやしない。

 目を開ければ花粉が飛び込んでくる。花粉が目玉にぶつかって粘膜にワッと痛みが広がることもある。サングラスをかけるのはもちろん、左目は完全に閉じ、右目もようやく光を感じる程度に開いて走る。満開の桜だって眺められやしない。こんなことを繰り返していれば、近いウチに車にひかれるに違いない。だから、三月四月は僕にとってはジムの季節。

 施設使用料で三十枚。カエルさんは中身を吐き出して、着実に痩せていく。カエルさんと同様に僕も痩せればいいのにと思いつつ、僕はジムへ向かう。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.