日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 84歳のお爺さんに筋トレのアドバイスを受ける  > 2ページ
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 84歳のお爺さんに筋トレのアドバイスを受ける

第32回…花粉の季節は貴重な筋トレの期間

 石原良純

区立体育館は朝からシニアでいっぱい

 ジムではまず、有酸素運動で汗をかく。でも、僕はジムではトレッドミル、いわゆるランニングマシーンは使わない。走るのは外の方が気持ち良いに決まっている。花粉症とはいえ、おめおめと室内を走ったりするものか。それにもう一つ、区立体育館では、トレッドミルは人気のある器具だ。そこで一回の使用時間は、20分以内と決められている。マラソン・マンの僕としては、20分ではいささかもの足りない。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
緑のカエルさんの中は十円玉がぎっしり。これでジムの施設利用料などを払っていきます

 その点、エアロ・バイク、自転車漕ぎ機は時間無制限。汗がポタポタと雫り落ち、満足いくまでペダルを漕げる。

 それにしても、区立体育館は朝っぱらから、なんと混んでいることか。9時の開館と同時に、どっと人が押し寄せて、あれよあれよという間に、トレッドミルもエアロ・バイクもいっぱいになってしまう。そんな時は、エントリーシートに名前を記入して、自分の番がくるまでお行儀良くじっと待つ。なにしろジムでは、僕が一番年下なのだから。

 60代、70代など珍しくない。80過ぎの人だって、歩いて走って重たい物を持ち上げている。男女の比率は2:8といったところか。やっぱり、ここでも女性の方が元気なようだ。

 しかし、少数派の2割のお爺さん達は、なかなかの強者揃いだ。筋肉ムキムキで、パッツンパッツンのウェアーですこぶる顔の色つやが良い。ガッチャン、ガッチャンと威勢良くマシーンを操っておられる。

 「筋肉を付けたければ、5回上げるのが限界程度の、重たい重りを上げなきゃダメだよ」、親父と同じ84歳のお爺さんにアドバイスを頂いたりもする。

 ただ気を付けなければいけないのは、しっかりとジムのルールを守ること。エントリーシートに記入せずに器具を使ったり、使用後に綺麗に汗を拭きとらないと、あからさまに怒られる。「ちょっと忘れただけなのに、何もそんなに恐い顔しなくても」と凹んでしまうこともある。

 自転車を漕ぎ終わったら、汗で濡れたTシャツを着替えて小休止。カエルさんに十円玉十二枚を吐き出させて、炭酸水を購入する。

 運動能力を維持するには、ただ走っているだけではダメ。筋肉を鍛えて筋肉量を増やさなければいけない、とかねがね忠告を受けて来た。だから、花粉の季節は、僕にとって貴重な筋トレの季節ともなる。

 筋トレは、引く筋肉と押す筋肉の二系統に大別される。プッシュ系の代表はベンチプレス。20代の僕は、100キロのほんの手前までいったのが自慢だが、そんな無理はもうしない。自分の限界などに無謀に近づいて行けば、ギクリとどこかが壊れてしまう。お爺さんのアドバイスを無視して僕は軽く負荷をかけて20回を3セット熟すことにしている。

 ケロケロとカエルさんに十円玉を吐き出してもらって、ガンガンと体を鍛えなきゃ。そうすれば、頭脳も明晰になるに違いない。クイズも、ヒント1からバンバン答えられるかも。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.