日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 僕の元気の秘訣は、少年の気持ちを持ち続けること
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

僕の元気の秘訣は、少年の気持ちを持ち続けること

第19回…鉄道少年に逆戻り! 楽しい仕事があるからストレスフリー

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! テレビのロケで、グランドオープン前の『京都鉄道博物館』を訪れた石原さん。鉄道好きの石原さんは、撮影のカメラが止まっている間は、独りであっちへウロウロ、こっちへウロウロ。オープン前の博物館を堪能しました。

『京都鉄道博物館』が4月29日にグランドオープン

4月末にグランドオープンする『京都鉄道博物館』のエントランスに並ぶ三両。右から489形、581形、500系新幹線
[画像のクリックで拡大表示]

 4月29日に、グランドオープンする『京都鉄道博物館』のエントランスには、ピカピカに磨き上げられて、ヘッドライトから凛と光を放つ三両の車両が並ぶ。

 489形『雷鳥』は、国鉄時代を代表するボンネット形特急電車。

 僕が子供の頃の旅は、上野駅でクリーム色に赤いストライプ、いわゆる国鉄色の特急列車に乗り込むところから始まった。『あさま』は、横川駅から電気機関車に押してもらい、碓氷峠を登り切る。軽井沢の街は、酷暑の都会とは別天地だった。

 『とき』は、まさしく国境の長いトンネルを越えると雪国へ運んでくれた。清水トンネルを抜けた途端、バッと光が煌めき白銀の世界が窓の外に広がる。線路際の雪の壁は、防音材の役目を果たす。カタン、コトンと車輪が鉄路をきざむ音だけが、小さく聞こえた。

 『白山』『いなほ』『ひばり』『あいづ』……ボンネット形特急は、思い出いっぱいの楽しい所へいつも僕を連れて行ってくれた。

憧れだった581形寝台列車

 クリーム色に青いストライプのちょっといかつい感じの581形は、世界初の座席、寝台共用電車。

 まだ、新幹線も、航空路網も、高速自動車道網も、整備されていなかった時代。日本の高度成長期の人の流れを支えていたのは国鉄の特急列車だ。行きは夜駆けの寝台列車として走り、帰りは寝台席を座席に戻し特急列車として人を運ぶ。昼も夜も列車を留置線で遊ばせることなく、効率的に運用するために生まれた世界初の昼夜兼用列車だ。

 僕は、北海道へ向かう折、上野―青森間で581形を利用した。東京から西へ向かうブルートレインが花形ならば、上野から北へ向かう581形寝台列車もまた子供らの憧れだった。

 上野駅で乗り込んだ常磐線経由の『ゆうづる』は、すでに三段寝台がセッティングされていた。ジャンケンポンで勝利した僕は、寝台料金が一番高い下段を選んだ。しかし、どうせ寝台列車を楽しむならば、狭くても中段や上段で列車の揺れを楽しむべきだった、と遠いあの日を今も後悔している。

 帰路の東北線経由『はくつる』は、北関東で朝を迎える。車掌さんがやって来て、ドッタン、バッタンと手際よく、三段寝台を四人掛けの対面シートに仕切り直してくれた。座席になっても乗り心地良いのが581形。寝台列車の旅を満喫した。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.