日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 横浜マラソンで大珍事! 幻の“サブ4”!?  > 3ページ目
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

横浜マラソンで大珍事! 幻の“サブ4”!?

第7回 一週間の禁酒、最高のパフォーマンスで臨んだのに…

 石原良純

 「過酷なレース中の競技者に、マイクを向けるのは可哀想」と、番組に視聴者からのメッセージが寄せられたが、さにあらず。インタビューを受けている時間の僕は、ランナーから番組出演者にシフトチェンジする。銀座界隈、24km地点からの約2kmの間、僕はすっかり走っている自分を忘れていた。

 2011年の「東京マラソン」以降の三年間、大阪、京都、千葉、神戸、つくばと記録が伸び悩んだ。どこに問題があったのか、ただ、ダラダラと走る練習に問題ありと気がついた。

レース中、楽しい時間は、決して多くない

 マラソンの記録は練習量に比例する。タイムを上げたいのならば、その分きっちり走り込まねばならない。「らっきょを食べれば早くなる」と言われれば、僕はいくらでも、らっきょを食べる。だが、そんな一足飛びの解決法は存在しないのだ。

 普段の僕では考えられぬほど、地道にコツコツと街を走る。NHK、7km。日テレ汐留、12km。TBS、10km。テレ朝、8km。フジテレビ、14km。テレビ東京、天王洲スタジオ、8km……。これは家までの距離。夜、番組の収録を終えた僕は、家まで走って帰る。

 羽田空港、18km。新横浜、16km。中央高速、調布インター、15km。時間があれば、ロケ帰りにも走って帰る。

 「なぜ、そうまでして走るのか」というのは、多くの人がランナーに抱く素朴な疑問。その答えは、せっせと走るランナー自身にも分からない。

 スタート前の緊張感。不安を抱えながらスタートラインを切る。5km、体がだんだん温まってくる。10kmを過ぎる頃には、足は軽やか絶好調。このままどこまででも、走って行ける気がしてくる。15km、ふと自分は何の為に走っているのかと、客観的に自分を眺めたりもする。20km、足が痛む予感がしてくる頃。25km何が楽しくてマラソンを走っているのかと後悔したりもする。30km、足に痛みを感じ始めたら、走っているのを忘れるために、楽しい事を考えよう。35km、自分は石だと思う。少しでも前に転がるだけ。40km、あと少し、あと少し。41km、……。やっぱりレース中、楽しい時間は、決して多くない。

ゲロッ、ゲロッ。なんじゃ、こりゃ

 スピード練習を取り入れ、ランニングフォーム改善を意識し、一週間の禁酒で臨んだ2015年「横浜マラソン」。自分的には、最高のパフォーマンスを実現できた。狙い通りのペース配分。最後まで余力を残し、ゴール前にはスパートを決めてのゴール。やったね記録は3時間56分01秒。僕はついに念願の“サブ4”入りを果したのだ。

 ところが、ところが。三週間後の大ニュース。

 「大会当日に公認コース検定を行った結果、フルマラソンは186.2m距離が不足していたため、日本陸連公認コースとはなりませんでした」

 ゲロッ、ゲロッ。なんじゃ、こりゃ。

 でも僕は、“サブ4”を今後も名のり続けるからね。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ)  1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツNEW

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.