日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > ハイテク厚底シューズで試走し、その手ごわさを痛感した件  > 2ページ目
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

ハイテク厚底シューズで試走し、その手ごわさを痛感した件

第80回 脚力を上回るシューズの性能にびっくり!

 石原良純

土手のサイクリングロードで試走

 というわけで、僕はこの靴を多摩川の河川敷に持っていき試走することにした。土手のサイクリングロードならば、段差も急な曲がり角もない。

土手のサイクリングロードで厚底シューズを試してみることに。

 いつもの多摩川のゴルフ練習場に車を停めて、ジョギングウエアに着替える。大丈夫、走った後はゴルフの練習もちゃんとするから。顔なじみの練習場のおじさんに、文句を言われたりはしない。

 厚底シューズを履いてサイクリングロードに出ると、どこか身が引き締まる。ピンクの靴を履くランナーは、皆から注目を浴びているに違いない。靴の性能に見合った走り方をしなければと気合いが入る。

 僕の走り方の最大の欠点は、足が上がっていないこと。地を這うようなゴロとはいうが、僕の走りはまさに地を這うように見えるらしい。1年に一度くらい、アスファルトの歪んだ小さな膨らみに、ロクに上がっていない足裏が引っかかり転ぶことがある。何も障害物のないところで突然、走ってきた人がゴロリと転ぶ。道行く人は、ただただ不思議そうな目で道に横たわる僕を見下ろしていた。

 ピンクの靴を履くランナーは、そんな醜態を演じるわけにはいかない。ももを高く上げることを意識して、大きく手を振り、下っ腹を薄く、大きなストライドでサイクリングロードを駆け出した。

楽なのに速く走れる不思議

 上体を少し前に傾ければ、ソールの反り具合に従って体が自然と前に進み始める。トン、トン、トンと3回、ステップを踏んだだけでスピードがガツンと上がる。いつもとは比べ物にならない急加速は、正しく厚底シューズのなせる技だ。

 トンとシューズで地面を突けば柔らかな反動でスーッと靴が足を押し上げてくれる。それと同時に、反対の足を前傾した姿勢に従って前方へ送り出してやればいい。一歩一歩が大きなストライドとなって、ピッチを上げなくてもスピードが上がる。

 速い。でも息が上がるわけでもない。いつもと同じリズムで足を動かすだけで、確実にスピードが上がっていく

 最初の1kmが、5分10秒。普段よりも約1分も速い。もも上げだけを意識して、あとは靴任せに足を動かす。次の1kmは、4分50秒。このところ体がなまって4分台のラップを刻んだことがなかった。息は苦しくないのに、スピードだけが上がっていた。5kmのラップが、ちょうど25分。楽々ペースで走ってこのタイムというのに驚いた。

 春の多摩川の景色が目の前を流れてゆく。そこで僕は考えた、どこまでこの幸せは続くのだろうかと。42.195kmのフルマラソンは僕の脚力ではこの靴を使いこなせないだろう。でも、約21kmのハーフマラソンならば走れるかも。キロ5分ペースで走り切れれば、自己ベストを更新できる。ハーフは無理でも、10kmはいけるだろうか。芸能人クオーターマラソン大会で記録した、10km40分を30年ぶりに再現できるかもしれない

 と思っていた矢先のこと。あっ、痛い。左太ももの後ろに痛みが走った。過去、ジョギング中にもマラソン大会中にも、こんなところに痛みを感じたことはない。5.5km地点で、僕の足はハイテクシューズの性能についていけなくなってしまったようだ。

や、やっちまった…。

 いやはや、厚底シューズ恐るべし。

 いつの日か、鍛錬を重ねてこの靴を履きこなしてやろうではないか。再起を期した僕は、黙々と初級者用シューズで街を駆け続ける。

 春、真っ盛り。桜のトンネルを駆け抜けるのが何より楽しい。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツNEW

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.