日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 マラソン前々日に腰に激痛が走る!  > 3ページ目
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 マラソン前々日に腰に激痛が走る!

第31回…原因は「冷え」? 果たしてマラソンの結果は!?

 石原良純

自己ベストの更新はならず!

 最初の10キロは市街地を巡り、その後コースは川沿いに北上する。高低差、60メートルのコースも、穏やかな上り下りで苦にならない。好タイムが期待できる高速コースだ。

 ところが、15キロを過ぎた辺りで、早くも右足が軽く痛みはじめた。腰は痛くないのだが、知らず知らずに腰をかばい、右足を使いすぎていたようだ。

 ここで止めるか、いやいや、『富山マラソン』のようにリタイアの翌年、リベンジに出向くのもめんどうだ。ペースダウンして完走を目指すことにした。

 足が痛むほどに、沿道の声援がありがたい。僕も右手を挙げて声援に応える。街はずれの川原の真ん中にも、人、人、人。よく見れば、色とりどりキレイに着飾ったかかしの列だった。姫路では、かかしの応援が名物なのだ。

 ラスト5キロは、市街地に戻り、ひたすらお城を目指す。沿道の観衆も増えてくる。大きな声援には、大きく手を振って応える。気を紛らわすことが、足の痛みを忘れる一番の方法だ。

15キロ過ぎから足が痛み始めたが、ペースダウンして完走を目指すことに。痛みを我慢しつつ見事に完走!記録は4時間29分11秒だった
[画像のクリックで拡大表示]
15キロ過ぎから足が痛み始めたが、ペースダウンして完走を目指すことに。痛みを我慢しつつ見事に完走!記録は4時間29分11秒だった
[画像のクリックで拡大表示]
15キロ過ぎから足が痛み始めたが、ペースダウンして完走を目指すことに。痛みを我慢しつつ見事に完走!記録は4時間29分11秒だった

 大手門をくぐり抜け、三の丸広場に駆け込んだ。目の前に、真っ白なお城が出迎えてくれる。ゴール。見事に完走。記録は、4時間29分11秒。

 なんだか、自己ベストを更新できなかった長い長い言い訳みたいになってしまった。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.