日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 マラソン前々日に腰に激痛が走る!  > 2ページ目
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 マラソン前々日に腰に激痛が走る!

第31回…原因は「冷え」? 果たしてマラソンの結果は!?

 石原良純

原因不明! ただ朝起きたら、腰が痛かったなんて…

 2度目のギックリ腰は、テニスコートでの出来事。朝、ジョギングをして、昼は舞台のためにダンスのレッスン。夕方、残った時間にテニスコートへ出かけた。

 夕暮れ時、僕より20も歳上のおじさんとシングルス・ゲームを楽しんだ。接戦もようやく僕のマッチポイント。ところが、最後の1ポイントがなかなか決まらない。「なんだよ、往生際が悪いな」とラケットを握る手に一段と力が入る。何度かデュースが続いた後のこと、ふんわりと上がったロブを追いベースラインに駆け戻る。振り返ってボールを見上げた瞬間に痛みが走った。往生際が悪いも何も、先に往生してしまったのは僕の方だった。

 2度目のギックリ腰でも教訓を得た。走って、踊って、テニスをしたのがいけなかった。走って、ダンスの稽古があったら、テニスはやらない。一日に運動は、二種目までと決める。

 植木鉢を動かそうとして。無理な体勢で荷物を持ち上げようとして……。なんやかやと、ほぼ5年に一度の割で腰を痛める。しかし、今回ばかりは勝手が違う。原因が思い当たらない。ただ、ただ、朝起きたら、腰が痛かったなんて。

突然の腰痛にまずはストレッチで対処する石原さん。上の写真は腰痛持ちのお父様から譲り受けた腰のコルセット
[画像のクリックで拡大表示]
突然の腰痛にまずはストレッチで対処する石原さん。上の写真は腰痛持ちのお父様から譲り受けた腰のコルセット
[画像のクリックで拡大表示]
突然の腰痛にまずはストレッチで対処する石原さん。上の写真は腰痛持ちのお父様から譲り受けた腰のコルセット

 柔軟体操を終えたら、朝風呂に入る。体がぽかぽかと温まったところで、腰を動かしてみると痛みが取れていた。念のために、午前中の空き時間に楽しみにしていたゴルフの練習場行きは止めにしておくことにした。

 午後は、お台場のフジテレビで『ワイドナショー』の収録。ところが番組が終わって驚いた。椅子から立ち上がれない。テーブルに手をついて、腰をひねらぬように平行移動でスタジオを後にした。

 翌朝、土曜日。早朝の『週刊ニュースリーダー』(テレビ朝日)の生放送を終えたなら、マラソン大会へ向かう前に、困った時の岡田先生頼み。神宮前鍼療所に駆け込んだ。針の鉄則は、痛くなったらなるべく早く治療してもらうこと。前日のうちに、訪ねなかったことを後悔する。

 「体が冷えましたね」。岡田先生の見立ても、体の冷え。体が冷えただけで壊れるとは、50歳も過ぎれば老化は確実に進んでいるということだ。それでも先生は、マラソンは走れると太鼓判を押してくれた。でも、なんだか腰に違和感はある。とりあえず現地へ行って様子を見ることにした。

親父からもらった腰のコルセットのお世話に

 2月26日、日曜日。僕が参加するのは、『世界遺産姫路城マラソン2017』。お城が真っ白な白鷲の姿に改修工事を終えたことを記念して、昨年から催されているシティーマラソンだ。お城の足元からスタートして、城内の三の丸広場のゴールまで42.195キロのフルマラソンだ。

 朝、ホテルの部屋でクネクネと腰を動かしてみる。次に軽くももをあげる。どうやら、なんとかいけそうだ。そもそも、2カ月間の走り込みと、1週間の禁酒を無駄にするのは、いかにも惜しい。

 そこで僕は、秘密兵器のコルセットを腰に巻きつけた。ウチには腰痛持ちの親父からもらった腰のコルセットがやたらたくさんある。もの持ちの良い石原家のこと、数十年の時を経て、親子二代にわたってコルセットのお世話になることにした。

 午前9時、大会ゲストランナーの僕は、1万人の参加者の先頭に立ってスタートラインに並ぶ。微風、快晴、気温も上々の絶好のマラソン日和だ。

 号砲一発、僕はスタートラインを跨がぬように横へ避ける。ノロノロ走ってエリートランナーの皆さんの邪魔になってはいけないから。自分と同じ走力のランナー集団を見極めて、約2分遅れでスタート。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.