日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 マラソン前々日に腰に激痛が走る!
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 マラソン前々日に腰に激痛が走る!

第31回…原因は「冷え」? 果たしてマラソンの結果は!?

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。前向きに生きれば、日々是好転! 2月末の金曜日の朝、布団で目覚めた石原さんは、原因不明の腰の痛みに襲われました。翌々日の日曜には「世界遺産姫路城マラソン2017」が迫っていました。石原さんはこの難局をどう乗り切ったのでしょうか。そしてマラソンの結果は!?

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
秘密兵器を腰に巻きつけ、『世界遺産姫路城マラソン2017』のスタートラインに立った石原さん(写真下の先頭列の左端)。当日は絶好のマラソン日和だった

 「あらっ。あらっ。あっ、痛てててて」。

 金曜日の朝、自宅の布団で目覚めた僕は驚いた。何なの、この腰の痛み。前日に、ギクリともガクリとも体が激しく痛んだ覚えはない。日曜日にマラソン大会を控えたこの一週間は、ハードな運動を控え、お酒を控え、なにしろ御自愛に務めているのだから。

 強いて言えば、昨夜、ゴルフクラブを振り廻したことぐらい。いくらゴルフが腰に悪いとはいえ、あれしきのことでギックリ腰になるとは思えない。

 僕は布団の上で、いつもの柔軟体操を試みる。寒い北側の寝室で、僕の腰は冷えてしまったに違いないが、体を少し動かせば、痛みは消えてなくなるはずだ。

 まずは、両膝を立て、膝頭を左右に揺らす。ゆっくりと、8カウントで4セット。

 次に、膝を立てたまま両足を肩幅に開き、膝頭を内側に倒す、内転筋のストレッチ。これも、ゆっくり8カウントで4セット。

 今度は、両足を伸ばした状態から、片方の足の膝を折り畳み、ゆっくり息を吐きながら膝頭をお腹へくっつけるように抱え込む。

 最後は、両足を揃えて折って、両腕で抱え込む。大きく息を吐きながらおでこと膝頭がくっつけば、背中がギューっといい加減に伸びてくる。

 どうだ、良純流の目覚めの3分間ストレッチ。長年、医療番組に携わり培った技だ。腰の痛みなんて、消し飛んでしまうに決まっている。

初ギックリ腰で学んだ2つのこと

 思えば、人生初ギックリ腰は、ちょうど30歳の時のこと。家にあったダンボールを軽いと思って持ち上げたら、思いのほか、重かった。この思い込みと現実のギャップが悲劇を生む。あっと思った瞬間に、体に今まで経験したことのない不気味な痛みが走った。

 静止していれば、体はいつもと変わらない。しかし、少しでも体勢を変えようとすると、腰から四肢に向かって激痛が走る。これが噂に聞いていたギックリ腰か。30歳にもなれば気を付けろと言われていたが、まさか我が身に降りかかるとは、思ってもいなかった。

 僕は初ギックリ腰で、2つのことを学んだ。先人の教えには、ちゃんと耳を傾けよう。そして、体力、筋力の落ちてきた身体を、今一度、鍛えよう。ジョギングを始めるキッカケにもなった。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.