日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 三度目の正直! マラソンで「サブ4」の仲間入り?
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

三度目の正直! マラソンで「サブ4」の仲間入り?

第18回…酒をやめて頑張った自分を褒めてあげたい

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 3月初旬に 「第一回鹿児島マラソン」に参加するため、鹿児島を訪れた石原さん。石原さんはこれまで、4時間を切ったのにコースが186m短かったり、まさかの腹痛で途中棄権するなどと、「サブ4」(フルマラソンで4時間を切るタイムで走る)の仲間入りを果たせないでいました。果たして鹿児島マラソンの結果やいかに…。

「第一回鹿児島マラソン」のため、ここへやって来た

「第一回鹿児島マラソン」に参加するため鹿児島に来た石原さん。宿泊した「城山観光ホテル」からは、鹿児島市街と、褐色の山肌が猛々しい桜島が一望できる
[画像のクリックで拡大表示]

 桜島が笑っている。

 西郷南洲公の終焉の地である城山の頂に建つ「城山観光ホテル」からは、鹿児島市街が一望できる。そして、市街地の向こう錦江湾を隔てた対岸に、褐色の山肌が猛々しい桜島が聳え立つ。

 山頂に僅かに浮かぶ雲のために噴煙は確認できないが、その巨大な山体を眺めれば、時に鹿児島の街に轟音が轟き、視界を遮るほどの火山灰が降り注ぐこともうなずける。

 桜島を間近に望むこの地にホテルを建てたオーナーは、鹿児島の街と桜島を、イタリアのナポリとベスビオス火山に見たてたのだそうだ。鹿児島市とナポリ市は、姉妹都市の関係を結び、以来、鹿児島は“東洋のナポリ”と呼ばれるようになったのだとか。いかにも昭和なストーリーだが、そんなことにお構いなく、錦江湾越しに桜島を眺める絶景に、誰もが見いってしまう。

 その昔、『太陽にほえろ!』のロケで城山観光ホテルに滞在した叔父の石原裕次郎は、ロケから戻ると赤く夕陽に輝く桜島を肴に、早速、酒を飲み始めたという。夜も遅くなりスタッフが翌日に備えて部屋に戻っても、叔父は独りで飲み続ける。朝、ロケ隊が出発する時間にラウンジを覗くと、まだ飲んでいる。その日の夕刻、ロケ隊に“裕次郎、倒れる”の報が届いたという。詳しく聞けば、何も食べずにブランデーを飲み続け、お腹が空いて倒れたのだとか。裕次郎とブランデーと桜島、ここにも昭和なストーリーがあった。

 鹿児島に来たなら、是非泊まりたいこのホテルの魅力は、まずこの景色。次に、温泉露天風呂。鹿児島市は県庁所在地でありながら温泉の街。市内に数ある銭湯も天然温泉だ。ビジネスホテルにも温泉大浴場が完備されている。でも、どうせ入るなら雄大な桜島をお供に温泉を楽しみたいものだ。朝、昼、晩と時につれ趣を異にする桜島を眺めながら、ゆっくりと柔らかな湯に身をひたすのは至福の時だ。

 そしてもう一つ、僕の密かな楽しみは、朝食バイキングに設置されているソフトクリーム機。食後のデザートのフルーツの上に好きなだけソフトクリームを載せる。業務用ソフトクリーム機の重たいレバーを自分で引いて、思いのほかクリームが飛び出た分だけ、幸せが増すというものだ。

 しかし、今回の滞在はのんびりとそんなことばかり言ってはいられない。僕は3月6日朝8時30分にスタートする、「第一回鹿児島マラソン」に参加するために、ここへやって来たのだから。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.