日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 三度目の正直! マラソンで「サブ4」の仲間入り?
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

三度目の正直! マラソンで「サブ4」の仲間入り?

第18回…酒をやめて頑張った自分を褒めてあげたい

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 3月初旬に 「第一回鹿児島マラソン」に参加するため、鹿児島を訪れた石原さん。石原さんはこれまで、4時間を切ったのにコースが186m短かったり、まさかの腹痛で途中棄権するなどと、「サブ4」(フルマラソンで4時間を切るタイムで走る)の仲間入りを果たせないでいました。果たして鹿児島マラソンの結果やいかに…。

「第一回鹿児島マラソン」のため、ここへやって来た

「第一回鹿児島マラソン」に参加するため鹿児島に来た石原さん。宿泊した「城山観光ホテル」からは、鹿児島市街と、褐色の山肌が猛々しい桜島が一望できる
[画像のクリックで拡大表示]

 桜島が笑っている。

 西郷南洲公の終焉の地である城山の頂に建つ「城山観光ホテル」からは、鹿児島市街が一望できる。そして、市街地の向こう錦江湾を隔てた対岸に、褐色の山肌が猛々しい桜島が聳え立つ。

 山頂に僅かに浮かぶ雲のために噴煙は確認できないが、その巨大な山体を眺めれば、時に鹿児島の街に轟音が轟き、視界を遮るほどの火山灰が降り注ぐこともうなずける。

 桜島を間近に望むこの地にホテルを建てたオーナーは、鹿児島の街と桜島を、イタリアのナポリとベスビオス火山に見たてたのだそうだ。鹿児島市とナポリ市は、姉妹都市の関係を結び、以来、鹿児島は“東洋のナポリ”と呼ばれるようになったのだとか。いかにも昭和なストーリーだが、そんなことにお構いなく、錦江湾越しに桜島を眺める絶景に、誰もが見いってしまう。

 その昔、『太陽にほえろ!』のロケで城山観光ホテルに滞在した叔父の石原裕次郎は、ロケから戻ると赤く夕陽に輝く桜島を肴に、早速、酒を飲み始めたという。夜も遅くなりスタッフが翌日に備えて部屋に戻っても、叔父は独りで飲み続ける。朝、ロケ隊が出発する時間にラウンジを覗くと、まだ飲んでいる。その日の夕刻、ロケ隊に“裕次郎、倒れる”の報が届いたという。詳しく聞けば、何も食べずにブランデーを飲み続け、お腹が空いて倒れたのだとか。裕次郎とブランデーと桜島、ここにも昭和なストーリーがあった。

 鹿児島に来たなら、是非泊まりたいこのホテルの魅力は、まずこの景色。次に、温泉露天風呂。鹿児島市は県庁所在地でありながら温泉の街。市内に数ある銭湯も天然温泉だ。ビジネスホテルにも温泉大浴場が完備されている。でも、どうせ入るなら雄大な桜島をお供に温泉を楽しみたいものだ。朝、昼、晩と時につれ趣を異にする桜島を眺めながら、ゆっくりと柔らかな湯に身をひたすのは至福の時だ。

 そしてもう一つ、僕の密かな楽しみは、朝食バイキングに設置されているソフトクリーム機。食後のデザートのフルーツの上に好きなだけソフトクリームを載せる。業務用ソフトクリーム機の重たいレバーを自分で引いて、思いのほかクリームが飛び出た分だけ、幸せが増すというものだ。

 しかし、今回の滞在はのんびりとそんなことばかり言ってはいられない。僕は3月6日朝8時30分にスタートする、「第一回鹿児島マラソン」に参加するために、ここへやって来たのだから。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.