日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 この冬のジョギングに気合はいらない
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 この冬のジョギングに気合はいらない

第67回 地球温暖化の危機はもう目前に迫っている

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 例年の寒い冬のジョギングには、下準備と気合が欠かせません。ところが今年の冬は事情が違います。“寒くない”から気合がいらないのです。暖かな冬の次に何が起こるかーー。石原さんは走りながら考えます。

寒い冬にジョギングをするには気合が必要。しかし、今年の冬は事情が違うようです。

 冬のジョギングは気合だ。

 窓の外を眺めれば、枯れ枝が北風に大きく揺れている。冬晴れの青空のあちらこちらに、輪郭の薄い雲が浮いている。上空に強い寒気が入って来ている証拠だ。

 グズグズしていると、どんどん陽は西へ傾いてゆく。こんな時こそ、気合を入れて立ち上がり、一気にランニングウエアに着替えて表に出る。一連の動作に、ほんの少しでも隙があれば気合は一瞬で萎(しぼ)んでしまう。一番大切なのは勢いだ。

 トン、トン、トンと二、三回その場でステップを踏んだら、一気にトップスピードで走りだす。頬を打つ風は痛いわ、吸い込んだ空気は冷たいわ。長袖シャツ2枚重ねも、冷気は簡単に肌を透き通す。手袋をはめていても、指先の感覚はない。

 ここが辛抱のしどころ、走り出しの1キロさえ我慢すればいい。駒沢公園の外周コースに出る頃にはウエアと皮膚の間に暖気がたまって体が暖まる。肺に大きく外気を吸い込んでも、ほてった体はすぐに空気を暖めてくれる。脳の中にドーパミンが分泌され「やっぱり、走りに出て良かった。冬はジョギングの季節だ」と思えてくる。ついには、地平線の彼方(かなた)まで走って行けるような気がしてくるのがランナーズ・ハイというもの。

 でも、その後には不幸が必ず訪れる。足のどこかに痛みを感じスピードが落ちる。スピードが落ちると体の動きは鈍くなる。体の動きが鈍くなると、発熱量が下がる。発熱量が下がれば、寒さを感じる。足は痛いし、体は寒い。ふと気が付けば、痛んだ体で街はずれにひとりぼっち。冬のジョギングは、あらかじめ安全な距離を決めておかないと悲惨な目にあうのだ。

 ところが、この冬はジョギングに気合はいらない。なにしろ、今年の冬は寒くないのだから。

 窓の外を眺めて木々が揺れていても、表に出れば生暖かな南風が吹いていることに気付く。この冬は雨の日が多かった。空気は乾燥していないから、冬の陽のぬくもりがより心地よく感じられ、室内で静電気でビリッということもない。僕の部屋のエアコンの暖房はこの冬、一度も稼働せず。電気敷毛布も、押し入れから一度も顔を出さなかった。

 最近、天気予報を見ていると「明日は平年に比べて◯度高いでしょう」などと予想気温を平年と比較することが減ってきた。

 平年値は、30年間の観測値の平均で、毎01年を起点に10年ごとに更新される。だから今の平年値は、1981年から2010年までの30年間の平均。異常気象が頻発する最今、明日の予想気温と遠い過去のデータと比べてみても、確かにあまり意味がない。

 暑過ぎる夏は嫌い、涼し過ぎる夏は心配になる。寒過ぎる冬は辛い。でも、暖かな冬は多くの人に歓迎される。しかし、暖かくて過ごしやすい冬、雪が少ない冬を喜んでいて大丈夫なのだろうか。

 季節の巡りがひと月はおろかふた月も早い。桜が例年よりも10日以上も早く咲く。今が夏の南極では、最高気温が観測史上、初めて20度を超えたという。暖かな冬の次に何が起こるか、不安に思う人は僕以外にもたくさんいるはずだ。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.