日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > コロナで一変した日常 運動・睡眠の時間が増加
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

コロナで一変した日常 運動・睡眠の時間が増加

第79回 初めて実感した冬の陽の光のありがたさ

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 昨年4月から“コロナ自粛ジョギング”を始めて、もうすぐ1年。この間、大きく日常生活が変化したという良純さん。移動と仕事に時間を費やしていたコロナ前の日々を振り返りながら、今日も厚底靴とともに街へと走り出す。

 昨年4月から始まった“コロナ自粛ジョギング”。不幸な骨折騒動の影響で走れなかった8月、9月を除いてこの1年、毎月200km以上を走り続けている。もちろん、年間トータルでの走行距離も、年2回のフルマラソンにいそしんでいた当時を軽く上回った。

 顔洗って、歯みがいて、走る。昼食を食べて、走って、番組の収録をする。もはや、走ることは日常生活の一部と化している。

 思えば、年間200フライト、100新幹線を自負していた僕の生活は、この1年で一変した。地方への移動時間と地方での仕事時間が、そのままジョギング時間と睡眠時間に置きかわった。だから最近は、眠くない。

我が家の特等席である窓際のソファにて。寝転んでいると気持ちいい

コロナ前の睡眠時間は「2日で11時間」がルール

 以前の生活はこうだった。水曜日の夜は『Qさま!!』の収録が終わって羽田空港へ駆けつけて、スターフライヤーの北九州空港行きの最終便に飛び乗る。約1時間半のフライトで、北九州に着くのが日付が変わった12時半。そこから九州道をタクシーでぶっ飛ばし、福岡市内のホテルに着くのが夜中の2時。

 翌朝は5時に起きて、5時半には歩いて九州朝日放送に局入り。6時から『アサデス。』の生放送。2時間の放送が終わると、2時間のインターミッションがあって再び10時頃からの生放送。放送が終わったらタクシーで一目散に福岡空港へ。12時発の東京行きに乗れば13時半頃着で、14時半には昨日と同じテレビ朝日の楽屋に戻っている。

 16時開始で『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』の収録が始まった時、まさか僕が14~15時間そこそこで福岡へ行き生放送を2本こなしてきたと気付く人はいなかった。

 正直なところ60歳を目前に、こんな生活はちょっとヤバイかなと思い始めていた。そんな僕にとって、コロナ禍が始まってからの東京からのリモート出演は“渡りに舟”だったのかもしれない。いくらマイルがたまっても体を壊しては元も子もない。これは数少ないコロナの恩恵と思うべきなのだろうか。

 そんな僕のコロナ時代の日常は、睡眠時間が平均で1時間以上増えたに違いない。

 以前の僕は、2日で11時間睡眠をルールとしていた。北九州廻りで3時間しか眠れなかった翌日は思い切り早寝して8時間睡眠をとる。そうやって気を付けていても、平均すれば6時間も眠れていなかった。だから、たまの休みは体がだるい。

 40代の僕は、朝の空気を楽しみに早朝ジョギングに走り出した。ラジオ体操帰りのおじさんおばさんをかき分けてさっそうと公園の周回コースを駆け抜ける。ちょっとした優越感にひたれたものだ。

 体がだるいと、走り出すことはおろか、ゆっくり朝寝坊することもできない。せっかくの休みの日でも、寝床の中でのまどろみも楽しめず、自律神経が勝手に作動して目を覚ましてしまう。家人がまだ寝静まっている休みの朝、一人でガサゴソとコーヒーをいれるのはどこか年寄り臭くて寂しかった。

 しかし、健康な眠りは眠りを呼ぶ。平均睡眠時間が7時間を超えると、休みの朝には8時を過ぎても目が開かない。ゆっくり目覚めた朝は気分爽快。こりゃまた背が伸びるのではないかとさえ思えてくる。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.