日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > コロナで一変した日常 運動・睡眠の時間が増加  > 2ページ目
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

コロナで一変した日常 運動・睡眠の時間が増加

第79回 初めて実感した冬の陽の光のありがたさ

 石原良純

家での時間が増え、気付いたこと

 地方へ出かけないから、仕事がある日でも午前中は大概家にいる。そこで改めて気が付いた、太陽の光のなんと暖かいことか

 冷え込んだ朝でも、冬晴れの空に太陽が低く昇ると、オレンジ色の朝陽が部屋の奥深くまで差し込んでくる。初めは眩(まぶ)しいだけの光だが徐々に熱量を増してゆく。

 『モーニングショー』の羽鳥さんとコーヒーカップ片手にソファの上でサヨナラする頃には、暖房いらずの部屋になっている。

 窓際のソファが我が家の特等席であることにも気が付いた。寝転んでいると頬が陽の光で火照(ほて)ってくる。真冬でも、そんな時は少し窓を開けて冷たい空気を引き入れる。こんな自宅で過ごす冬の時間も、コロナの冬に初めて知った。

 冬の陽の光のありがたさを最も感じるのが、家から走り出た街角でのこと。我が家の辺りは、ほぼ東西南北に区画されているようだ。小さな十字路に立つと、一方の道には燦々(さんさん)と太陽の光が降り注ぎ黄金色に輝いて見える。それと直角に交差する道は、家並みに遮られ陽の光が当たらない。寒々と冷えた灰色の道が真っ直ぐに延びる。

日なたを走るか、日陰を走るかで、自然と走るピッチも変わってくる

 黄金色の道に駆け出せば、陽の光に優しく包まれて凍えた体がすぐに温まる。灰色の道を進むと、ウエア越しに冬の冷気が肌を刺す。少しでも早く次の日なたにたどり着こうと、自然にピッチが上がってくる。実際、寒い朝の方が自己計測のタイムが断然、上がってくるものだ。

 何年か前に大雪が積もった時のことを思い出す。南北に延びる道の雪はどんどん解けたのに、東西の道に積もった雪は何日たっても解けずに凍り付いていた。これもすべて、太陽のおかげだったわけだ。

 このところ、季節外れの暖かい日が多い。冬がマラソンシーズンではあるが、寒さが緩むこれからが、僕ら素人ランナーにとってはトップシーズンだ。そんな僕に、強力な助っ人が現れた。

 ナイキの厚底シューズ。

ランナーである僕にとっての強力な助っ人、ナイキの厚底シューズ

 ちょっとブームに乗り遅れなどと言うものではない。友人からの大切なプレゼントなのだ。あの一世を風靡(ふうび)したオレンジ色ではないが、目映(まばゆ)いピンクの蛍光色。ソールが反り上がったトップと同様、刃物のように切れ上がったテイルが特徴的だ。

 さてと、街に出るか。いえ、厚底靴はちゃんと柔軟体操してからでないと履きこなせない。

 僕はウオーミングアップを怠りなく春の街へ走り出す。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.