日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 熊本城マラソン、無念のドタキャン
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

熊本城マラソン、無念のドタキャン

第42回…準備不足の僕はエントリーを取り下げた

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 2月18日の『熊本城マラソン』にエントリーしていた石原さん。そこに向けてカラダ作りも順調に進めていたのに、直前で無念のエントリー取り下げ。いったい何があったのでしょうか。

連続マラソン完走記録が8年目で途切れる!

 残念、無念。2月18日の『熊本城マラソン』は、エントリーを取り下げることになってしまった。そして、2010-2011シーズンから続いていた、連続マラソン完走の記録も8年目で途切れてしまった。

熊本城マラソンの応援に来ていた“くまモン”と記念写真

 なにしろ、マラソンを完走する体ができあがっていなかった。昨年2月の『姫路城マラソン』をギックリ腰を無理して参加したのがいけなかった。当日は無事完走はできたものの、腰をかばったフォームのせいなのだろう、右足に痛みがずっと残った。

 日常の暮らしには問題ないのだが、いざ走ってみると右足のふくらはぎが気になる。走り出すと右足で地面を蹴っても、思うように体が前へ出ていかない。左右の足のバランスが悪いせいか、スピードも上がらない。と思っているうちに、右足のふくらはぎが鈍く痛みだす。額に汗が浮かんできて、ここからがランナーズ・ハイの境地、“心地良い覚醒感”を味わう前に、足を止めなければならない。

 お日様が輝いて、心地良い風が吹いて、街は絶好のジョギング日和。でも、走り出したら、足が痛くなる。走りたくても、走れない。なんとも、憂鬱な一年を過ごすハメになった。だから、秋の大会はパス。熊本と同じ城下町、『金沢マラソン』か『おかやまマラソン』あたりを疾走してやろうと思っていたのに。

 冬の大会もあきらめかけていた時、年末の忙しさが、僕の右足に幸いした。それまで、痛みが治まったと思って走り出すと、痛みがぶり返す。また治まったと思って、走って、またぶり返す。そんな繰り返しをしていたが、すっぱり走らなかったのが足に良かったようだ。

 約一カ月のブランクの後、正月休みに近くの公園へ駆け出してみると、走っても足がガタつかない。地面を蹴ればちゃんと体が前に出る。復調の兆しあり。僕は2月の熊本城に照準を定めた。

酒を押さえて、体重を落としていく

 マラソン前、8週間×50kmが我がマラソンの師、上岡龍太郎さんの教え。だが、今回はもう準備期間が足りない。ならば、走り足りない分は、体重を落とすほかない。素人ランナーは体重1キロ減につき、タイムが5分速くなると言われている。

 まずは、自分の体重を確かめるところから始まる。

 この10カ月間、ろくに走れないから恐くて体重計に乗れなかった。意を決してジョギング終わりに風呂に入って、水も飲まずに体重計に乗る。少しでも軽くみせるためにセコイと思われても、僕はちっとも恥ずかしくない。風呂上がりのスッキリした時が、自分の標準体重と決めているから。

 79.0キロ。ウム、80の大台には達していないが、これはまずい。なるほど鏡に映る顔は、アゴの周りが少し緩んで見える。ベルトの穴も増えたかも。お腹をつまめば余り肉がムニュムニュ動く。

 僕のベスト体重は72キロ。と言いたいが、この十数年来、そんな数字は見たことがない。それでも、マラソン前には74キロ台に体重は落としている。

 体重を落とすには、食べなければいいに決まっている。僕の場合は酒を飲むと、食事を沢山食べるから、酒を飲まなければいい。

 僕のスケジュール表には、酒を飲まなかった日には★マークが記入される。マラソン直前の週は禁酒。ズラリと★マークが並ぶ。2週間前は、★マークが3つ。3週間前と4週間前は、★マークが2つ。4週間の星を足せば、月の半分は酒を飲まない勘定だ。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.