日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純流「睡眠で何より大切にしていること」
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純流「睡眠で何より大切にしていること」

第30回…早起きの代わりに布団でちゃんと昼寝をとる、移動中は寝ない

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。前向きに生きれば、日々是好転! 「夜10時まで東京でテレビ収録に参加した翌日の朝、福岡で朝6時から生放送」という殺人的なスケジュールをこなす石原さん。そんな多忙な生活の中にあっても「移動中は寝ない」のだそうです。石原さんが、睡眠で何より大切にしていることとは?

東京で夜10時まで収録後、最終便で福岡に

 夜10時を過ぎると、羽田空港第1ターミナルの出発ロビーの人影はまばらだ。本日の出発便は、残すところ僕が搭乗する10時55分発、SFJ095便だけとなる。

 僕はこの最終便で、北九州空港を目指す。24時間営業の海上空港は、深夜の福岡行には欠かせぬ拠点となっている。北九州までは、2時間弱のフライト。そこからタクシーを乗り継いで、福岡市内のホテルには深夜2時前にはチェックインできる算段だ。

 僕は毎週木曜日の朝、福岡のローカル番組のレギュラーを務めている。九州朝日放送の『アサデス。』は、福岡の朝の人気番組。6時から8時まで2時間の生放送だから、前夜のうちに福岡入りしておかねばならない。それでも深夜便の存在のおかげで、水曜日の晩も夜10時まで都内のスタジオでバッチリ番組収録に参加できるわけだ。

<br>

水曜日の夜は夜10時まで都内でテレビ番組の収録。その後、羽田空港から北九州空港に向かう。機内では、ビターなチョコレートをお供にコーヒーで一息
水曜日の夜は夜10時まで都内でテレビ番組の収録。その後、羽田空港から北九州空港に向かう。機内では、ビターなチョコレートをお供にコーヒーで一息

 水曜日は、テレビ朝日で『Qさま!!』の収録日となることが多い。昼過ぎからどっぷりと頭を使って、優勝者との実力差をずばり見せつけられた僕は、テレビ局から頂いたお弁当を片手にチェックイン・カウンターに駆けつける。

 スターフライヤーは、国内顧客満足度ナンバー・ワン*を謳(うた)われる航空会社。黒い機体に黒い本革シート。国内線では珍しいビデオ・エンターテーメントも充実している。

* 公益財団法人日本生産性本部 サービス産業生産性協議会の2016年度「JCSI(日本版顧客満足度指数)」調査の「国内長距離交通」分野の結果。

 僕のお気に入りは英国BBC制作ドラマ『MI-5 英国機密諜報部』。イギリス国内の治安を守る諜報部員が活躍する一話完結のサスペンス・ドラマだ。主人公のトムをはじめ、登場人物全員がスパイであることと、人間であることのはざ間で心が揺れ動く。恋人と別れたり、酒に溺れたり、と皆が揃いも揃って暗い暗い。暗い深夜便の機内で観るには、もってこいの作品だ。

 ビデオを見ながら弁当を食べ終わったら、コーヒータイム。機内サービスのタリーズのコーヒーがいけている。コーヒーと一緒に、ちょっとビターなチョコレートもふるまわれる。コーヒーをお代わりすると、二枚目のチョコレート。カロリーオーバーかもしれないが、酒も飲まずに深夜の移動をしているのだから、これぐらいは大目にみよう。

 ドラマを観て、ゴルフレッスンの半ばに差し掛かる頃には、機体は高度を下げはじめる。今宵もやっぱり寝なかった。飛行機にしろ新幹線にしろ、寝ないのが僕の移動方法なのだ。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.