日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純流「睡眠で何より大切にしていること」  > 2ページ目
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純流「睡眠で何より大切にしていること」

第30回…早起きの代わりに布団でちゃんと昼寝をとる、移動中は寝ない

 石原良純

恐るべし! 九州のタクシー

 降り立った北九州空港の到着ロビーには、意外と出迎えの人が多い。時には、深夜の国際線で韓国や中国に帰る観光客であふれていることもある。僕はターミナル内のコンビニで炭酸水を一本買ってそそくさとタクシー乗り場に向かう。

 薄暗いタクシー乗り場には、最終便のお客様にかけた何台かのタクシーが並んでいる。実はここが運命の分かれ道。どのタクシーに当たるかによって、福岡到着時刻が大きく変わってくるのだ。

 ある夜、やっぱりタクシーの中でも眠らない僕は、耳慣れないエンジン音を不審に思い、運転席を覗き込んだ。なんと、スピードメーターの針は160キロを指しているではないか。真夜中でも交通量の多い九州道で、次から次へとトラックを追い越して、タクシーは疾走する。


北九州空港から福岡まではタクシーで向かう。タクシー乗り場でどのタクシーにに当たるかが運命の分かれ道となる

 「石原さん、恐いからゆっくり走ってくださいと言ったそうじゃないですか」。鶴瓶師匠にテレビ局で声を掛けられた。

 「わては、中洲で人が待っているから、どんどん行ってくださいと言いましたで」と、ちょっぴり悪い笑みを浮かべられていた。

 この爆走タクシーは、深夜の北九州空港では有名なようだ。

 かと思えば、やたらとゆっくり走る運転手さんもいる。なんだかのんびりとしたエンジン音が気になって運転席を覗けば、時速は80キロ。前方を走るトラックに追いつきもしない。

 僕は大げさに身を乗り出す。すると僕の不満を察したドライバーは、僅かにアクセルを踏み込む。それでも速度は100キロどまり。ちょっと油断していると、直ぐにさっき追い抜いたトラックに抜き返されそうになる。仕方なく僕は、また身を乗り出す。160キロも恐いけれど、真夜中の高速をのんびり走られるのも、困る。

布団に入って寝ることが、僕にとっては何より大切

 ホテルに着いたら一風呂浴びて、さっと寝床に潜り込む。6時の生放送開始には、5時半局入り。ホテルから局までは歩いてすぐだから、5時までは寝ていられる。ねぼうが恐いから、寝ない。そんなことを言う輩もいるが、僕はほんの僅かな時間でも、寝る。移動中は寝ないからこそ、布団に入って体を横にして寝ることが、僕にとっては何より大切なのだ。

 それにしても最近、月曜日は『羽鳥慎一モーニングショー』だから5時半起き。火曜は6時半。木曜日5時。土曜日4時。水、金だって子供と一緒に朝食を食べようと、やっぱり6時半には起きる。たまの休みの日曜日でも、ゴルフに行くなら早起きして一番スタートを予約してしまう。なるほど、年を取ると早起きが、苦にならなくなると聞いてはいたが、先人の教えどおり、難なく起きられるようになるものだ。

昼寝をするときも、布団を敷き、部屋の電気も消してちゃんと寝るのが石原流

 その代わり、ちょっと時間が空いた僕は、昼寝を楽しむことを心掛けている。仕事の合間に、ちょっと家に戻れた時。休みの日、午前中ジョギングに出た後。お布団を敷いて、部屋の電気も消して、ちゃんと寝る。

 先日の日曜日。せっかく、気持ち良く布団に入っていたら、長女の舞子が部屋に入って来た。昼からゴロゴロしていたら、子供に示しがつかない。ここは大声で追っ払おう。

 コラッ、向こうに行け。お父さんは今、『Qさま!!』の勉強中なんだ。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.