日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 「そ~っとそ~っと」 良純流インフルエンザ対処法  > 2ページ目
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

「そ~っとそ~っと」 良純流インフルエンザ対処法

第17回…季節外れの“暖かい嵐”の夜、誰かが石原さんの寝室に…

 石原良純

嵐の夜、誰かが石原さんの寝室に入ってきた

 ガタンと音がして、寝室の扉が開いた。黒い人影が近づいて、スルスルと長女・舞子が僕の寝室に入って来た。物音が恐くて寝られないと言うのだ。いいじゃないの。可愛いじゃないの。

 娘ときたら、「止めて」「触らないで」と可愛くないこと夥(おびただ)しい。ニコニコとおどけてみせる長男・良将のほうが、よほど可愛気があるというものだ。そんな不満もペタッと擦り寄られると、パッと消えてしまう。我ながら父親とはバカなものだと自嘲する。

石原家では、立春を過ぎると床の間にお雛様を飾る。二人雛は石原家の実家から、段雛は妻の実家から頂戴したもの。
[画像のクリックで拡大表示]

 そんな娘の為に我が家では、立春を過ぎるとすぐさま床の間にお雛様を飾ってあげる。床の間の二人雛は、女兄弟のいなかった石原家の実家が新調してくれたもの。妻の稲田の実家からは、伝来の百年ものの段雛を頂戴した。お父さんも、お母さんも、おじいちゃんも、おばあちゃんも、心配してくれているのだから、舞子も普段からもう少し、皆のいうことを聞きましょう。

 思えば去年の暮、舞子が僕の部屋で寝るのは最後と覚悟した。良将が風邪をひいたとき、子供部屋から舞子が僕の部屋に避難するのが決まりだった。でも、この春には子供部屋が分割される。もう隔離病棟は必要なくなるというワケだ。

良純流インフルエンザ対処法とは?

 どうやら我が家は、この冬のインフルエンザ禍を免れそうだ。となれば、この春の嵐が舞子がやって来る最後の機会。

 インフルエンザにノロウイルス、溶連菌。小さな子供がいると、いろいろな病気が家にやって来る。僕の記憶では、子供が生まれて以来、インフルエンザ禍に見舞われなかった冬は今年が初めて。僕に関していえば1993年の暮以来、インフルエンザを発症したことはない。

 忘れもしない93年の大晦日。スキーから帰ってきた僕は、独り暮らしの部屋に戻った途端に発病した。家にたどり着いたという安心感からか、突然、高熱が出たのだ。グルグルと部屋の壁や天井が廻りだし、まるで大地震にでも遭遇したようで、その場にへたり込んだ。それでも、水とバナナと着替えをベッドの横に積み上げたところで記憶を無くした。それから三が日を、ずっとベッドで過ごした生涯で最も記憶が薄い正月休みだった。

 あの時に体得したインフルエンザが発症する瞬間とは、体の中で卵が割れてどっと熱が出るという感覚。今も役立っている。

娘と添い寝できて嬉しかった嵐の翌日、外にでると愛車のドアに凹みが…。
[画像のクリックで拡大表示]

 ウイルスを拾ってしまった――。絶対に体調が悪い――。そんな時は早く動かない、大きく動かない、大声を出さない、自分の気配を小さくする。卵のカラの強度が増すまで、そ~っとそ~っと暮らすのが僕の対処法だ。それ以来、僕はインフルエンザにかかっても、発熱したことがない。

 舞子と眠ってちょっぴり得した気分で目覚めた翌朝、新聞を取りに出た僕は気がついた。ゲゲ、僕の自転車が倒れて、僕の愛車のドアに凹みを作っている。ムムム。やっぱり、季節外れの嵐なんかいらない。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。舞台、映画、テレビなど幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.