日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > “四季”を楽しむ北海道ツアー三泊四日、石原家の場合  > 3ページ目

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

“四季”を楽しむ北海道ツアー三泊四日、石原家の場合

第5回 若かりし父の勇姿に目もくれず、「渡さん」「舘さん」に見とれる我が子

 石原良純

三十年前の映像でよみがえる我が勇姿

 まず記念館は、『太陽の季節』に始まって日活裕次郎映画のダイジェスト版が映し出される巨大スクリーンから始まる。『狂った果実』『俺は待ってるぜ』『二人の世界』『銀座の恋の物語』どれも貧しい日本がようやく落ち着きを取り戻した高度成長前夜の物語。誰もが裕次郎の活躍する世界を眺め、これからの幸せを予感していたのだろう。

 『西部警察』のコーナーには、大門軍団勢揃いのスナップ写真の端っこに三十年前の僕も立っていた。モニター画像には、『西部警察』名物の数々の爆破シーンが映し出される。車が爆発して市電が爆発して煙突が爆発して船が爆発する。遠洋漁業の大型漁船が爆発したのは忘れもしない「燃えよ!玄界灘」編。福岡県博多湾でのこと。

石原裕次郎記念館にある『西部警察』のコーナーにて。ドラマの撮影でも活躍した往年の名車、日産スカイライン RS ターボが展示されている。「息子が撮影したために、ちょっと手振れ気味の写真になってしまった。お許しを(笑)」。
石原裕次郎記念館にある『西部警察』のコーナーにて。ドラマの撮影でも活躍した往年の名車、日産スカイライン RS ターボが展示されている。「息子が撮影したために、ちょっと手振れ気味の写真になってしまった。お許しを(笑)」。

 犯人グループに捕われの身の僕は、ヘリコプターで現れた大門団長のショットガンに助けられる。団長に撃たれた犯人の手から手榴弾がコロコロと転がって、破裂した勢いで燃料に引火して、船がドッカーンと大爆発。

 間一髪、僕は海へと飛び込んで難を逃れるのだが、その船の速度の速いこと。二十歳の僕は、今よりもずっと身軽だ。無事に隣の船まで泳ぎ切る三十年前の映像に、思わず「偉い」と自画自賛してしまった。

 子供らに僕の勇姿はどう映ったのだろうか。フト見れば、良将は渡さん。舞子は館さんにばかり見とれている。おい、舞子、小学三年からちょい悪おやじに見とれてどうするんじゃい。

四季に逆らわずに楽しんでこそ日本人の健康の秘訣

 三日目、四日目は、舞子には申し訳ないが、テイネのゲレンデで良将と二人ですっかりスキーを楽しませてもらった。何も正月はハワイへ行かなくても、冬の北海道は最高なのだ。

 寒いときには、寒い所へ行く。暑い時には、暑い所へ行く。

 四季に逆らわず、寒さ暑さを楽しんでこそ日本人。これこそ日本人の健康の秘訣。

 まず、手軽に寒さを楽しむなら……燗酒かな。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

3/3 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.