日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 酒は飲んでも飲まれるな! 年を取ってようやく気付いたお酒の飲み方
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

酒は飲んでも飲まれるな! 年を取ってようやく気付いたお酒の飲み方

第66回 強い酒は飲まず、週に一度の休肝日も厳守

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 1月15日に58歳の誕生日を迎えた石原さん。今年の誕生日は家族4人でゴージャスなケーキを楽しみました。ケーキの後はハードリカーとなるのがこれまでの定番でしたが、今の石原さんは違います。年を取ったからこそ気付いた「お酒の飲み方」とは。

今年の誕生日は、秘蔵の「こんせん生クリームケーキ」に、あまおうを贅沢にデコレーションしたゴージャスな誕生日ケーキで祝いました。

 1月15日は、僕の誕生日。満58歳となりました。

 でも58歳の誕生日は、めでたいのだろうか。昨日のジョギングのせいだろうか、一昨日のテニスのせいだろうか、朝起きたら体が痛い。あれしきの距離で。あれしきのゲームで。体のどこかが痛くもなれば、夜中に足がつることすらある。これすべて加齢のせいに違いない。

 年は取りたくないものだ。誕生日が喜べなくなったのはいつ頃からだろうか。

 21歳の誕生日を、僕は大阪で迎えた。石原裕次郎社長以下、石原軍団勢ぞろいで懇意にしていた宝酒造会長の歌の発表会の応援のために滞在していたのだ。

 ♪♪ワワワワ〜ッ♪♪と全員で超豪華にバックコーラスを務めてステージが終わり、渡さんのスイートルームで食事会までの時間を潰(つぶ)していた時のこと。沈黙が気まずいので、僕は何かせねばと思い、「実は、今日は僕の誕生日なんです」と声を発してみた。すると舘さんが一言、「だから何だ」。

 それは僕が初めて誕生日は特別な日ではないのだ、大人はたいして誕生日がめでたくないのだと思った瞬間だった。

 1月15日が誕生日というのは、子供の頃は得だった。なぜなら、成人の日で学校が休みだったから。毎年毎年、必ず休みになるのが祝日生まれの特権だった。友だちと集まれば、その日ばかりは僕が遊びの主役になれた。

 仕事も忙しいが、遊びも忙しい。子供より自分の予定が一番の親父がいる我が家では、バースデーディナーなどもちろんなかった。それでも何かの拍子に、誰かの誕生日に家族全員で食事に出かけたこともあった。それでも四人兄弟で、それぞれ一回づつぐらいしか出かけた記憶がないから、石原家では誕生会というのはかなり珍しい行事だった。

 神奈川県逗子市在住の家族にとって、当時のお出かけ場所の人気ナンバー1は、葉山マリーナの中華料理。子供にとっては食事よりも、ボウリング場の入り口に置いてある3台のスロットマシーンが魅力的だった。街にゲームセンターもなければ、家にテレビゲームもない時代のこと。おばあちゃんにおこづかいを貰(もら)って、兄弟四人が我れ先にとスロットマシンに殺到した。大人の僕はパチスロはやらないが、子供の僕はクルクルと回るドラムが楽しくてしょうがなかった。

 マリーナ向かいの日影茶屋は、子供らにとっては今一つ不人気だった。子供にとって日本庭園は遊びづらい。松の小枝も庭石も駆け回るには邪魔くさい。苔(こけ)を踏みつけ、池の端を飛び越えては叱(しか)られた。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.