日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 心の安定に欠かせない年に一度のお伊勢参り  > 2ページ
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 心の安定に欠かせない年に一度のお伊勢参り

第29回…僕の場合は「困る前から神頼み」

 石原良純

35年間、毎年欠かさず伊勢参り

 今回、番組中に僕が担当するのは『良純未来図・歴史散歩』の特別編。正月ならば初詣。初詣ならば伊勢神宮、と羽鳥さんと共にお伊勢参りへ出かけ、案内役の神宮司庁の職員の方と共に内宮を歩いた。

[画像のクリックで拡大表示]
テレビ朝日の『モーニングショー』新春特大スペシャルの収録のため、伊勢神宮を訪ねた石原さん。伊勢神宮の職員の方の説明を聞きながら内宮を歩きました。
[画像のクリックで拡大表示]

 天照大神をお祀りする内宮では、右側通行で歩き、豊受大神をお祀りする外宮では左側通行で歩く。神様には、対角線をイメージしてなるべく遠い所から近づいていくのが礼儀。だから、伊勢神宮のお札を神棚にお祀りする時は、天照大神を左側、豊受大神を右側にお祀りする。へえーっ。

 天照大神は、国を司る大神。本殿では国の平和や発展など国事にかかわる大きなことを祈願する。家内安全、商売繁盛など私事は、別宮でお願いする。へえーっ。

 内宮の入り口に架かる宇治橋の板の厚さは20cm。しかし、年内数百万人の参拝客を数えるお伊勢さんでは、20年に一度、橋を架け代えるまでに、板の厚さは7cmにまで減ってしまうのだそうだ。へえーっ。

 次々と目からウロコのことばかり。しかし、そんな話を聞かなくても、神宮の聖域に足を踏み入れれば、訪れた人は、お伊勢さんに魅了されてしまう。

 お伊勢さんを語らせれば熱くなる僕は、二十才の時から35年間、毎年、欠かさずお参りしている“お伊勢さんの大ファン”。15年前の結婚時には、伊勢神宮では式はできないが、本殿の前で指輪の交換をさせて頂き、それを結婚式とした。

 僕は、お伊勢参りは12月と決めている。秋の行楽シーズンが終わり、新年を迎える準備に忙しい時期。人出が少なく、冬晴れの青い空を、神宮御料地の深い山々を、五十鈴川の清らかな水の流れを、堪能できるから。

 というわけで、今回のロケは僕にとって願ってもないタイミングだった。翌朝の番組のために、トンボ帰りしなければならない羽鳥さんを見送って、僕は伊勢に居残ることにした。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.