日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 娘の悲鳴に減量を決意!
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 娘の悲鳴に減量を決意!

第53回 元旦の夜、一年ぶりに体重計に載った

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 昨年末、雪の金沢に、変則三人家族旅に出かけた石原さん。そこで中1のお嬢さんに“ポッコリと出たお腹”を心配されます。元旦の夜、1年ぶりに体重計に載ったところ…。

酒屋のおばあちゃんに「一茂さん」と声を掛けられる

 一年の計は、元旦にあり。

 昔から言われている言葉だが、これが大事。思えば、僕が気象予報士になれたのも、そんな一言から始まった。

金沢城公園にある「玉泉院丸庭園」を散策する石原さん

 1997年正月のテレビ番組でのこと。正月特番の生放送のエンディング、わずかな残り時間に司会の徳光和夫さんがゲスト出演者に、今年の抱負を尋ねはじめた。「今年の抱負は」と聞かれて、「別にありません」と答えるのは大の大人としていささか情けない。そこで僕が思いついたのが気象予報士だ。

 「昨年は、気象予報士に挑戦したのですが、落ちてしまいました。今年は、再度チャレンジしたいと思います」

 と、咄嗟(とっさ)に答えた僕は、本当にもう一度チャレンジしてみようかと考えた。実際、学科と実技の2種目に大別できる予報士試験で、僕はマークシート方式の学科試験には合格していた。あとは、筆記、論述形式の実技試験の勉強をすればいい。徳光さんへの一言がきっかけとなり、再び予報士試験に挑むことにした。

 それから20余年の月日が流れた2019年、何を目標に掲げようか。

 それにしても、昨年の秋から冬にかけては忙しかった。これって、もしかして長嶋一茂さん効果かも。世間には二人はコンビと誤解されている。その上、神奈月さんが僕のものまねも、一茂さんのものまねもするものだから、事態は余計に混迷を深めている。

 先日はロケ先の酒屋のおばあちゃんに、「一茂さん」と声を掛けられた。暫(しばら)く話すうちにおばあちゃんは、僕が“石原一茂”だと納得したようだ。

娘との思い出作りの旅となるはずだったが…

 怒涛の2018年は暮れて、正月休み。例年ならば、家族で志賀高原へスキーへ出かけるところだが、今年は長男・良将が高校受験だ。妻も息子と自宅に居残り、長女・舞子と二人で旅行へ出かけることにした。

 ところが、あえなく二人旅は娘に拒否られてしまった。13歳の中1の娘との二人旅は、おやじにとっては格好の思い出作りとなるはずだったのに。まっしかし、それが世の常というものか。妻のお母さんに間に入ってもらって、雪の金沢、変則三人家族旅となった。

 年の瀬の金沢は、この冬、初めての積雪で加賀百万石の城下町にふさわしい佇まい。僕のお勧めは、兼六園よりも、北陸新幹線開業に合わせて整備された金沢城。以前は城内には金沢大学があり、一般人は立ち入り禁止となっていたが、今は城郭の一部も復元され、見所満載の観光スポットとなっている。

 なかでも、僕のお気に入りは城の石垣が日本庭園の一部として見事に利用されている「玉泉院丸庭園」。少し赤茶けた縦長の石が組まれた石垣には、往時は滝の水が落ちていた。武門の猛々しさと京の都の流れをくむ北陸文化の優美さを兼ね備えた庭園だ。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.