日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 娘の悲鳴に減量を決意!  > 2ページ
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 娘の悲鳴に減量を決意!

第53回 元旦の夜、一年ぶりに体重計に載った

 石原良純

金沢の繁華街「香林坊」を抜けた先には武家屋敷跡が並ぶ
ついつい、ぐい呑みを衝動買いしてしまった

 城下町に下って、まずは尾山神社へ。和漢洋の三様式が混用された不思議な姿をした神門をくぐった境内には、古式に則った拝殿、本殿が鎮座する。加賀百万石の守り神にふさわしいお社だ。

 香林坊の繁華街を抜けた長町界隈は、武家屋敷の面影を色濃く残す街並み。土塀に積もる雪が、雲の合間から時折、顔を覗かせる冬の陽の光に輝いて、年の瀬にふさわしい清々しさを醸し出す。

 しゃれたカフェや土産屋さんが、目立たぬように街並みの中に溶け込んでいる。僕が気になったのは、やっぱり漆器。手にとってぐい呑みを掌(てのひら)で転がしているウチに衝動買いしてしまった。

 大きく丸が描かれた大ぶりのぐい呑みは、冷酒をたんと飲みたい時にはもってこい。漆器の内側が錫加工されたタンブラーは、冷えたビールでも温かいお湯割りでもいけそうだ。

体重増に驚愕、今年の目標は減量!

 でも、一番の収穫は「GARMIN」(ガーミン)のランナーズ・ウォッチ。約10年使ってベルトが切れてしまったマラソン・ランナー用の時計は、なかなか都内で見つからなかった。偶然、見つけた金沢のランナーズショップで新型機種に出会うのも何かの縁と、購入を即決した。

 目当ての品を手に入れてご満悦の僕を見て、娘の舞子は真顔で言う。

 「本当に最近、お腹が出てきてるよ、このままじゃ死んじゃうよ」

 彼女は時にふてぶてしい態度とは裏腹に、意外と小心者なのだ。どうやら本気で僕の体を心配しているようだ。

 元旦の夜、僕は一年ぶりに体重計に載っかった。ゲロゲロ、やばい。

 今年の目標は、減量ということか。僕は早速、翌日から新GARMINを腕に巻いて街へ走り出る。

 それもただ走るだけでは芸がない。有酸素運動プラス筋トレであってこそ減量に効果があると、この前、誰かに頂いた本に書いてあった。筋肉量が増えれば基礎代謝が増す。基礎代謝が増せば同じ摂取カロリーでもやせるはず。

スクワット50回を2セットこなした後、走り出した

 走り出す前に、まずはスクワット。頭の後ろに手を組んで背筋を伸ばして足を屈伸する。久しぶりにやってみると、体を上下させる度に、太もものどこかがギュッギュッと奇妙な音を上げる。それでも50回を2セット。太ももやふくらはぎにしっかり痛みが伝わってから街へ出る。

 街は寒いし、足は痛いし、昨夜の酒は残っているし。2019年の僕は大丈夫なのだろうか。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.