日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純流 安全で楽しいスキーの秘訣
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純流 安全で楽しいスキーの秘訣

第41回…今年の正月は驚くことばかり

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 今年の新年を六本木のスタジオで迎えた石原さん。撮影後、“親子水いらずの男2人スキー行”のため志賀高原に向かいます。そして、30年ぶりにスキー場で酒を飲まぬ一夜を過ごしました。

2年連続で六本木で“初日の出”

 「はい皆さん、携帯で撮影してもかまいませんよ」

 漆黒の富士山のシルエットの遥か向こう、東の空から昇る“初日の出”が映し出されたモニターを指差して司会の羽鳥慎一さんは言う。晴れ着姿の出演者は、ひな壇席から身を乗り出してシャッターを切った。

 2年連続で僕が“初日の出”を眺めたのは港区六本木のテレビ朝日のスタジオから。ハワイに行けなくても、元旦から仕事があるのは、今年もつつがなく新年を迎えられたということか。

今年の新年は、テレビ朝日のスタジオで迎える

 昨年の元旦は、波乱の幕開けだった。今年と同じ朝6時からの生放送、枕元で鳴り響く電話の音で僕は起こされた。不愉快に目覚まし時計に目をやるとなんと、5:00を示している。年の初めの初仕事からして、大ねぼうしてしまったのだ。

 テレビ局から迎えのタクシー・ドライバーが、時間になっても家から出て来ない僕を心配してプロデューサーに問い合わせてくれた。僕は、滅多に鳴らない固定電話の音に驚いて飛び起きたという訳だ。

 取るものも取り敢えず、局に駆け込む。正月のめでたさもあり、皆さん笑ってくれてはいたが、全くもって面目ない。はなはだ情けない仕事初めとなってしまった。

親子水いらずの男2人スキー行

 昨年に比べれば、今年は余裕を持ってモニターの“初日の出”を眺めることができた。番組は、12時までの生放送。放送終了後、8階の大会議室で新年会。1時間程度歓談したら、タクシーで家まで送ってもらう。車には待っていてもらって、素早く服を着替えて東京駅へ送ってもらう。正月休みの志賀高原に出発というのも昨年と同じスケジュールだ。

 ただし、今年のスキーは僕と長男・良将のふたりきり。長女・舞子は2月の中学受験に備えて塾の正月特別講座がある。妻も毎朝の弁当作りに家に残らねばならない。2人にすまないが、親子水いらずの男2人スキー行、となった。

 男2人のスキー行は、気合が入っている。ガンガン滑ることになる。年末には、良将のヘルメットを新調するために、30年ぶりに2人でスキーショップに足を運んだ。

 その昔、シーズン直前に神保町界隈に出かけるのは、スキーヤーの年中行事だった。目当ての品が少しでも安い店を探して何軒もはしごする。そして、年の瀬に活気立つ街並みを、買ったばかりの板やウェアを誇らしげに掲げて闊歩(かっぽ)した。

 もちろん、当時はスキーショップ巡りはデートコースにもなっていた。

 彼女に着てもらいたいスキーウェアは、やっぱり白かな。だって、原田知世ちゃんも着ていたし……。スキーの全盛期、『私をスキーに連れてって』(*1)時代を知る者には、思い当たるふしがあるはずだ。

*1 『私をスキーに連れてって』は1987年に公開された映画。ホイチョイ・プロダクション原作、原田知世主演

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.